579.【個性を捨てた人が個性的な人になれる】

579.【個性を捨てた人が個性的な人になれる】
 
個性的とは、意識上の個性を
全て捨て去った上で
それでも残ってしまったモノが
本当の個性的かなと。
 
 
自分が認識できてるレベルでは
まだそれは個性じゃ無いかもしれない。
 
 
活躍してる個性的な人は、
自分の生き方に集中してるだけで、
結果的に周りにそう言われてるだけで、
本人は無自覚な人がほとんど。
 
本人はそれが当り前の世界に居るからこそ
本人の自覚が難しいし、
結果論だからこそ、
本人はそこにこだわりが極端に無い。
 
 
 
結局のところ「個性的」とは、
結果論だからこそ、
「自分の生き方に集中」方が
遙かに大事だと。
 
そしてそういう生き方をしてる人は、
「自分と他との違い」に興味を
持つ人はほとんどいない。
 
 
 
そんなことを、
高城剛メルマガやら
西野亮廣ブログやら、
某twitter投稿やらをみて、
ただのビギン似の、
無個性派コンサルは思うのです(笑)

【もっと知りたい、もっと聞きたい人は、メルマガ登録しよう!】
あなたの生き方が変わる「売れる仕組み メルマガ」
今までに1000人以上の売上げアップやビジネスに携わった経験と、
アイデアで、あなたに売れる仕組みを無料でお届け。


あなたの生き方が変わる「売れる仕組み メルマガ」
お名前
メールアドレス

※メルマガの、より詳しい内容や読者の感想は⇒こちら


  コンサルタント:宮城真吾

「個別戦略会議」のご案内



   
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る