433.【ノウハウを作る側になるには 】

433.【ノウハウを作る側になるには 】
 
最近やってる講座や、コンサルが
どういった事をやってるか分りづらいと
思ったので客観的な視点で表現できればと思い、
お客様の声を更新していました。
 
「売れる仕組み実践会 お客様の声」

お客様の声


 
 
 
上記のページの岡村さんの
インタビューを更新していて
抽象度の高い話しというか、
抽象度の高いモノを求められていたんだなと
改めて気づきました。
  
個別のコンサルを受ける人で、
売上や問題解決は元より、
「その考え方を吸収したくて」という
声も結構多いです。
 
 
そして、それを求める人は
教える側やメソッドを作る側が多く、
そういう人にコンサルをしていると、
解決や売上だけの話しで終わらず、
“本質や、考え方や視点、概念”など
ちょっと抽象度が高い
話しをしてる事が多いです。
  
もちろん具体的なノウハウによる
単価や売上を上げながら、
ソレをやっていってますが、
 
 
「問題解決の方法」や
「ノウハウやメソッド」は、
「答え」であり、
「本質や、考え方や視点、概念」は、
「答えの作り方」です。
 
成果の早い人は、答えだけでは終わらず、
答えの作り方を聴きたがる傾向にあります。
 
 
 
そして残念な事に、
日本人は、「答えだけ」を知ろうとする人が多いです。
それは日本教育からの植え付けで、
「正解は一個」でそれを当てる勉強が中心ですし、
そうなっちゃいますよね。
 
 
だけどそれを教えようとしても、
大きな理解の壁があり、
そこには段階があって、
答えを「知ってる、教わる」
のと、
答えを「自分で探す、発見する」
答えを「自分で作る、創作する」
 
では大きな隔たりがあります。
 
 
 
 
会社に勤めてると、答えは上司や会社や持っており、
そこまで考える必要もなかったりします。
 
そして起業すると、答えは1つではなく、
答えは無限にあるという現実に出くわし、
もしくは答えは用意されていない。という事は日常茶飯事です。
そして自分が出した結論が当たってるか不安がつきまといます。
 
 
だからこそ、自分で答えを作っていく必要があり、
未来を開拓出来る人は、まさに答えを創作し続けてるわけです。
 
 
 
現在は情報はいくらでも手に入ります。
ノウハウやメソッドを教えてくれる人は沢山います。
 
だけど、ノウハウやメソッドを作れる方法を、
答えを作れる方法を教えてくれる人は
ほとんど世の中にいません。
 
 
そして教えて貰う側と、
ノウハウを作る側の格差は
今後どんどんと広がって行きます。
 
 
教わった中でしか答えが無い人と、
未知のモノに対しても
自分で答えを作れる人とは、
その差は大きくて、
絶対的な格差が広がって行きます。
  
  
 
そして、良くも悪くも売り手も
それを後押ししていて、
「セールスには、順番があった!」
このようにセールスに「正しい答え」がある。
という方が売れるし、
実際に僕も活用してる時もあります。
 
必要な人に届けるためには、
ニーズにそって、まずは興味を持って
もらわないと話しにもならないからです。
  
 
でも実際には、ノウハウを作る側は、
数ある1つの答えを自分で発見し、
自分で答えを作り直し体系化したものなのです。
 
ほとんどのメソッドの作り手は、
「唯一無二の答え」ではなく、
沢山の答えがあるのが分ってる上で
その中の1つとして出しています。
 
その上で「現時点では飛び抜けた唯一無二の答え」
になれるよう内容を磨き続けています。
 
 
  
こんな情報あふれてる社会は、
答えを沢山知ってるというのは
強みになりづらくなっています。
 
 
僕は「ノウハウを沢山知ってる人」ではなく、
自分で「新しいノウハウを生み出せる人」、
新しい答えを作り、未来を創作する人を
沢山作って育てて行きたいんです。
 
 
 
ただの上からのノウハウやメソッドを伝達する
指導者育成ではなく、開拓者育成です。
 
そのための絶対的な能力は
教わった中でしか答えが無のではなく、
未知のモノに対しても自分で答えを作れる人になる事で、
そのためには、“本質や、考え方や、視点や、概念”などが
必要不可欠なんです。
 
  
今回は「ノウハウやメソッド」という
言い回しをしましたが、
情報やら教育やらいわゆる、
皆が求めてる「答え」という意味合いです。
 
 
 
今日、そういう話しを雑談していたら、
「それは他の誰にも教えきれない、
 宮城さんだからこそ教えきれる内容ですよ」
と言われました。
 
 
問題解決やノウハウを教えるのではなく、
今までそれだけに特化して教えたり
体系化した事があまり無かったので、
もし興味がある人がいれば、
そういうのも作っていきたいな。
 
 
 
教わる側から、創る側へ
 
そういうのに興味がある方は
ぜひお気軽にお声かけてください。
 
 
その人のオリジナルの
メソッド化や体系化を
一緒に創る事を通して
そういったのがインストールされて
行くのかなと思います。
  
 
、 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る