484.【凄い人の頭の中】

484.【凄い人の頭の中】
 
千原ジュニアさんが、
ビートたけしさん
松本人志さんに、
「36の頃、何してました?」
と質問したそうです。
 
 
その返しが、
「36の頃かぁ、おいらラジオやりたーなーおもってた。」
「36の頃は、ちょうどドラマやろうかな?とおもってた。」
 
  
で、それを聞いてジュニアさんは、
 
「苦労話ではなく、まさかの
 未来を見てた話しが帰って来た。
 
 36歳の時に“何をやってた”じゃなく
 “何をやりたいか?”を答えた。
 
 Q&Aの返しとしては間違えてるけど、
 すごいなーと想った。」
 
彼らは過去じゃ無く、常に未来、空を見ていた。
 
  
 
日常、常に未来に対して当時「何をやりたいか?」が
頭の中で一杯になり「過去の当時の記憶」を思い出しても、
経験や苦労ではなく、当時の「何をやりたいか?」の自分しか
思い出せない状態なんだろうなと。
 

 
自分で何がやりたいかを
明確にしてる大事さ、
未来を決める大切さ
ビジョンを描く力を、
 
活躍してる人は、
それを明確に持ってるし、
 
逆に、これが無いと、
今は上手く行ってたとしても
行き詰まり感、将来の不安が大きくなります。
 
不安から動く行動は、
より混乱と「しなくては」を生み出し
タスクは増えても前に進めない感覚に陥り、
自分を苦しめます。
   
  
最近はビジョン力を研究してますが、
天職の作り方や
人生の目的の見つけ方が分かってきたので、
その当たりも作り込むため
セミナーをしたいと思います。
 
 
    
【本当のビジョンが見つかる「ビジョン ライティング」セミナー】
自分のビジョンが、天職が、人生の目的が見つかります。
(11月8日15日22日/12月2日6日)
https://www.facebook.com/events/138164013606079/
 
  
 
コンサルしてて感じるのが、
 
自分が本当は何をしたいかわからない、
「内的不感症」50% 
自分の気持ちでは無く手段のための行動の、
「しなくては思考」30%
「仕事を天職にしてる」15%
「ビジョンを明確に持ってる」4%
「人生の目的を持ってる」1%
 
といった割合です。
 
  
あくまで、僕の体感の測定でしかありませんが、
いっけん活躍してるように見えてる人でも、
今のビジネスは飽きたり行き詰まりを感じるけど
自分が本当はなにをしたいかが分からない。
内的不感症に陥ってる人がかなり多いです。
 
特に、やり方中心のビジネスを勉強してる人にも多いです。

 
過去の自分を思い出し、
“何をやりたいか?”を答えるぐらい、
やりたい事で頭が一杯になるのは、
簡単に見えて、どれほど凄いことなのか
という事です。
 
 
80%の人が陥ってる
偽の願望、偽のビジョンから抜け出すための、
12の思考パターンと、
ビジョンの思考レベル
そしてその攻略を作ってる最中です。
 
 
自分だけじゃなく、
自分の顧客がそのように
陥ってるならぜひ
セミナーに来てくださいね。
 
 

【もっと知りたい、もっと聞きたい人は、メルマガ登録しよう!】
あなたの生き方が変わる「売れる仕組み メルマガ」
今までに1000人以上の売上げアップやビジネスに携わった経験と、
アイデアで、あなたに売れる仕組みを無料でお届け。


あなたの生き方が変わる「売れる仕組み メルマガ」
お名前
メールアドレス

※メルマガの、より詳しい内容や読者の感想は⇒こちら


  コンサルタント:宮城真吾

「個別戦略会議」のご案内



   
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る