437.【つい、あなたに相談したくなる名刺】

437.【つい、あなたに相談したくなる名刺】
〜成約率78%の伝わる名刺の作り方〜

先週の水曜日は、久々の
「成約率78%の名刺セミナー」でした。
 
 
成約率78%の本当の秘密などを
存分に話して来ました。
 
そして半分ぐらいの人が
そのまま懇親会に参加して、
ミニセミナー化してました(笑)
 
 
 
 
「成約率78%の名刺セミナー」
▼参加者の声

・いろんな名刺を客観視する比較ワークがよかったです!
・名刺交換の際の相手の心理がわかりました!
・名刺に何を書けばいいのか必要なものがわかりました!
・300回改善されたPDCAの回し方がわかりました。
・宮城さんの優しいお人柄で、こういう売り方も素敵だと思いました。
・自分のクライアントさん達にさらなるフォローができそうです!
・再受講ですが、運命の人メソッドは、改めてパワフルだし、
 名刺はそのコアを成してるんだなと再確認しました!
・前回受けて、受注が2倍になったので、さらに追求したく受けました。
 2回目はまた違った視点で聴けてさらなる改良点が見つかりました!
 

と言っていただけました!
 
 
是非、習った事を生かして、
名刺作ってみてくださいね。
 
 
  
  
セミナー中に
「名刺は理念は書くな!」と伝えています。
理念なんかいらないと。
 
 
これを言うと、
理念を大切にしてる人には反感を
買いそうな発言ですが、
 
 
でも本当の意味合いは、
理念や思いを伝える、
タイミングやステージというものがあり、
 
大切なものほど、抽象度が高いものほど、
言うタイミングを気をつけないと、
効果や影響力が無くなってしまうんですよね。
 
 
僕は人の倍も、“理念を伝える事”に
そして“相手に伝わる事”にこだわり、
研究しているので、
 
伝わり方やタイミングを
重視していない人を見ると
むしろ理念を浅く考えてないかな?
とさえ感じてしまいます。
 
 
 
 
だからこそ、
「名刺は理念は書くな!」なのです。
 
 
そして、
「名刺には自分の事は書かなくていい!」
と言うのが売れる名刺の肝です。
 
 
人の感情というのは、
みんな、「先に自分の事を知って欲しい!」
がどうしても先に来てしまいます。
 
 
でも、売れる名刺とは、
「先に相手の事を知る名刺」
が一番パワフルに売れるようになります。
 
「先に相手の事を知る名刺」とは、
思わず、相手が話したくなるような名刺です。
つい、あなたに相談したくなるような名刺です。
 
 
 
そりゃそうですよね。
みんなが「先に自分の事を知って欲しい」
と思ってるのに、
「いやいや、あなたよりも私の事を知ってくださいよ」
となったら嫌われるだけですから。
  
 
  
「先に相手の事を知る名刺」を作ると、
もっと聞いてくださいとなり、
個別相談が増えます。
契約も増えます。
 
そして売上も、もちろん上がります。
 
名刺は、売上を上げるために
作っていかないと行けないですしね。
 
 
 
 
「先に相手の事を知る名刺」を作りたい!
 
そんな方は、売れる仕組み実践会へ(笑)
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る