431.【世界を変えたければ、まず自分を変えろ】

431.【世界を変えたければ、まず自分を変えろ】
 
自分が変化と成長をせずに、
「結果」を変えようとしても
まず変わることは無い。
 
 
ビジネスだって、
売上を変えたければ
自分がまず変わらないといけない。
 
 
以前の僕は
楽しさ優先で、
売上げやお金を蔑ろにし、
楽しくともギリギリの生活を
自分らしさにしていた。
 
そこで、茹でカエルになり、
ゆっくりと落ちていき
どうしようも無くなった時に、
やっと「自分らしさ」のはき違えと
怠慢さに気がついた。
 
行動や学習や変化をしようとせずに、
「楽しいけど生活は苦しい」
に居続ける怠慢さを、
自分らしさを言い訳にしていた。
 
 
 
 
 
「自分らしさ」とは、
未来の成長した姿の事でもあり、
いま現在の自分だけの話ではない。
 
 
今の目先の欲求、欲望、言い訳や、
感情を埋める行為を
「自分らしさ」にはしたくない。
 
 
「自分らしさ」を盾に
変化と成長を拒むのではなく、
 
変化と成長をし続けられるのが
自分らしいと思える自分でありたい。
  
 
しっかりと、楽しみ
しっかりと、貢献し
しっかりと、稼ぎ
しっかりと、豊かになり
しっかりと、幸せで
しっかりと、自由であり
しっかりと、世界を創作する。
 
それら全部が楽しい。
 
  
それが、自分らしさと言い切れる
未来の自分に向かって着実に
成長と変化をしてる最中の
情熱と行動と学習をしてるのが、
それが楽しいと思えるのが、
今の自分らしさだ。
 
 
だからこそ、稼ぐのが楽しい
だからこそ、稼ぐための学習が楽しい。
だからこそ、自由が楽しい。
だからこそ、時間を生む仕組み化の学習が楽しい。
だからこそ、顧客の成果を出す覚悟を持つのが楽しい。
 
 
 
だからこそ、
・稼ぎ方の学習をしていない。
・時間を生む学習をしていない。
そんな人は、「楽しくも、
それなりに忙しくて大変で
お金が無く将来が不安」の中で、
現状を変えようとせず
「時間が無い」「お金が無い」を
永遠と繰り替えす事を甘んじて受入れて、
“あわよくば”時間とお金が
「向こうから振ってくる」のを
指を咥えて待ってるに過ぎない。
 
そして、それは
「今もそれなりに楽しいし、
今はなんとかなってる」から
コンフォートゾーン(現状維持)から出れずに
茹でカエルになってる事に気づかない。
 
きっと「時間とお金への」学習意欲も沸かないだろう。
フォーカスは「今の自分」なのだから。
 
 
 
その茹でカエルからの唯一の脱却方法は、
自分らしさを、今では無く
未来の理想的な自分に置く必要があり、
それに向かっての変化と成長を受入れる事だ。
 
 
 
 
 
 
最高の未来に対しての、
自分らしさをシッカリと設計したい。
 
「稼いでない自分らしさ」から脱却したい。
 
 
そんな方は、
売れる仕組み 実践会へ(笑)
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る