423.【単価が上がると困る事】

423.【単価が上がると困る事】

講座やコンサル時に、
必ず教える事があります。
 
それが単価を上げること。
 
 
個人でビジネスをしていると
単価が上がるかどうかは、
死活問題です。
 
 
時間が無い、忙しいの
本当の理由は単価が安いか、
安い仕事をしてる事につきます。
 
 
 
そして、自分自身もずっと
単価を研究していたので、
単価を上げるには一ヶ月も要らず
数倍から数十倍になる場合もあります。
 
 
なので単価を上げる事に関しては
すぐに上がるノウハウがあるから、
何も問題視はしていません。
 
 
だけども、単価が上がった後に
1番問題になるのは
その後の決済法方。
 
 
 
単価が上ると決済法方に
必ず困ります。
 
 
 
これをクライアントさんに話し
 
「なので、早めに決済法方は導入してね」
 
と言うと、
 
「早くそれに困るようになりたいですよー」
 
とほんとんどの人が、
そんな返事が帰ってきて、
上がった後に慌てて、
 
 
「高単価で契約決まったんですが、
 決済どうすればいいですか?」
 
 
と駆け込みで相談が来ます(汗)
 
 
 
いや、だから何度も言ったじゃんと。。。
 
 
 
 
そんなわけで、決済法方をいくつか持つ事も
事業をするには大事な肝なので、
常に色んな決済方法には眼を光らせています。
 
 
 
そこで、こんな物あるよと情報を頂いた、
 
カード決済システムの、
「AnyPay」を人柱として導入してみました。
https://anypay.jp/
 
 
もしかしたらPayPalを超える決済システムになるか?
という期待をし、登録後に調べて見ました。
 
 
【利点】
・1分で審査無しで、カード決済が導入できます。
(アカウント名、メール、パスワードだけでした。)
 
・今なら月額費もカード使用料や手数料も0円です。
 
・月額課金システムがある。
 
 
【欠点】
・相手(買い手)もAnyPayのアカウントが必要です。
 
・1商品の上限金額は10万円。
 
・買い手の月間購入可能額は30万円まで。
 
 
そして、PayPalで分割風に見せる裏技の
「月額課金を分割払いとして利用している」は
不正利用扱いになるみたいなので
それをやると忠告が来るかもしれない。
 
 
結論としては、10万までの商品で、
なおかつ相手への関係性ができてる状態なら
手数料削減のために、使ってもいいかなと。
それか10万以下の月額課金とかですね。
 
残念なのが、
高額決済の救世主にはなれず、
まだPayPalの方に分があります。
 
「AnyPay」はアカウント発行が緩い分、
金額の上限が厳しいですね。
 
 
 
僕自身や、クライアントさんに教える、
まだ決め打ちの決済システムが無いんですが
高額決済にも対応できる
お勧めのシステムって無いですかね?
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る