417.【自問力】

~質問を変えれば解決する~
 
最近は、僕自身も直接コンサルするだけではなく、
自分でビジネスの問題を解決できる、
「セルフ コンサル」を教え初めています。
  
やっぱり、自己解決能力が高い方が
軌道修正早いですしね。
  
教わらないと動けない。というのは困るので
自分で考えて動ける人を作っていく。という
観点が必要になってきます。
  
  
 
 
堀江 信宏さんの出版された
『自問力』
  
人生の悩みが消える。
「5つの質問」と「自問自答」で
全てが好転する。
  
 
という内容ですが、
セルフコーチング力、
自分への質問により
問題の本質や、本当の解決を
見つけ出す事ができます。
 
 
 
本を読みながら、
思い出したのが、
  
4年間に、雑貨ブランドの運営をしている時に、
生産業者さんが間違えて、
違う商品を作ってしまい、
お客さんに発送した後に、
もちろんのことクレームになってしまいました。
  
発送する前のチェックが
甘かった事もありましたが、
違う商品が来たので、
生産業者さんにクレームを入れたら
なぜか逆ギレされて喧嘩腰の返事が。
  
言われた通りに作ったと言ってるけど
メールの過去ログにはきちんと、
正しい発注データが。
そこを指摘しても言った言わないの討論となり、
こちらとしてはちゃんとメールの過去ログ読めや!
なぜ、間違えてるのを認めないのか?
と事務所で一人、怒り心頭でしたが、
  
冷静に考えると、
業者さんと、お客さんとのクレームの
板挟みになってる。
  
ここでの得たい結果はなんだろう?
落としどころはどこだろう?
  
  
そう考えた時に、
自分の正しさ(相手の過ち)を証明したい訳では無い。
(気持ちはスカッとするかもだけど、問題は解決しない)
と考えて、
  
「最優先する結果はなんだ?」
と自分に問いかけたら、
「お客さんのクレームを解決することだ」
と思い、
「そのためには、何をすればよいか?」
と自分に問いかけ、
  
  
それから、出た答えを元に、
業者さんに冷静になってメールを送りました。
   
  
「今、現状として
お客さんからこういったクレームが来ました。
そして、そのために非常に困っています。
これを解決するために、
協力してくれませんか?」
  
 
と、”相手を責める”のではなく、
現状の説明と、
解決をしたいという趣旨と
協力をお願いしました。
  
 
そしたら、嘘のように
協力をしてくれて、
スルスルと解決してしまいました。
 
 
ここでのゴールは
クレームを解決する事で、
自分の正しさの主張を通す事ではない。
  
なるとほど、
その時にやったのが、
これだったのかと。
 
本を読んで思い出してました。
 
 
プライマリー・クエスチョン(最初の質問)が
変わると結果が変わる。
 
 
 
上手くいった時と、
上手く行かなかった時の、
思考グセ(パターン)は、
最初に自分にどんな質問をしているのか?
  
  
  
解決する技術やノウハウも大事ですが、
その前に、最初の質問で失敗して
迷宮入りする前に、
  
自分への質問力、
自問力を磨いて行きたい人は、
ぜひ、本を手に取って
一生使える思考法、
五つの質問の秘密を見てください。
 
  
=============
人生の悩みが消える
『自問力』
著書:堀江 信宏
=============
 
今日見たら、
池袋のジュンク堂でも売ってました!
ぜひ売り切れる前に買って見てください。
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る