408.【当り前の徹底さ】

今日は
木暮 太一さん主催の
新年会に参加してきました。
 
 
サクッと道に迷い遅れてしまい、
道に漂ってた時に撮った風景。
 
 
わぁ、綺麗。
そしてココドコ?(泣)
 
 
 
そんなこんなで、
たどり着いた会場には、
さすが木暮さんの新年会!
出版業界の人から、
作家さんから、
色んな人がいて、
普段なかなか関わる機会が
少なかった方々と出会えて面白かったです。
(そして会場の写真を撮り忘れ。。)
 
 
とはいえ、
こう見えて人見知りする
性分なので、
岸 宏保さん
坂下 仁さんなど、
知った顔がいると
安心しますね(笑)
 
 
 
講師三人が集まれば、
そりゃセミナー運営対談になるわけで、
こうして、ああすれば、
こんだけいくよね。と、
外には出せない話もするわけで。
かなりの桁の話しが当り前に飛び交う飛び交う。
 
 
で、気づいたのが、
やり方ではなく、
基本的な考え方が、
どこまで設計に執念を持てるか?
どこまでを自分の仕事と捉えるか?
そしてそれを、当たり前になってるか?
 
 
簡単な言い方をしてしまえば、
「徹底ぶり」
徹底ぶりが当たり前になってるか。
 
それぞれ自分の分野においての
「成果」に対し、どこまで
徹底を当り前の基準に置いてるか。
 
木暮さんの本を売る戦略の徹底さも
そこに繋がりますし、
第一線で活躍してる人の
必要条件の一つだとあらためて感じた一日でした。

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る