360.【コンテンツを作りたければセミナーを開け】

360.【コンテンツを作りたければセミナーを開け】
~収益化できない本当の理由とは~
 
 
土曜日に、
「自分の武器が見つからない人のための
“収益化”するコンテンツの作り方」を、
やってきました。
  
 
ありがたいことに枠が二回増席になり、
30名越えの、沢山の人に来て頂けました。
半分以上が初対面の方々でしたが、
和やかな雰囲気でやらせて頂きました。
  
 
 
一番手っ取り早いコンテンツの作り方は、
「もしコンテンツを作りたければ、
セミナーを開け。」
というのが講師アルアルですね。
 
コンテンツがあるから開ける。ではなく、
開くから慌ててコンテンツを作るわけです。
 
 
 
そして、公開コンサルも二件やってきました。
今回はアンケートに公開コンサルが良かったという
ご感想も多かったです。
 
即興の公開コンサル好きなんですが、
数分で結論に導くために、
思考の瞬発力が必要なうえ、
みんなに見られてるので
下手なこと言えないという
プレッシャーもありますね(笑)
 
 
普段は一時間ぐらいヒアリングに使うので、
ヒアリング3分と、どんだけ
ショートカットしてるんだ?って話ですが、
見てる皆さんに高収益化できてない
本当のボトルネックはどこだったか?を、
気づいてもらえたかと思います。
 
 
ほとんどの人の場合は、
コンテンツの作る工程が逆なんですよね。
 
 
本当は、
「欲しい価格から決める。」
 
 
これを失敗すると、
いくらあがいても、
価格を上げるのは難しくなります。
 
 
今回の公開コンサルの事例では、
ライバルがカラオケとなってしまいました。
今のままだと、どんなに提供するコンテンツを
ブラシュアップしたとしても、
その価格帯から脱却することは難しくなります。
 
 
 
価格のためのゴールを作らないと、
例えばコーチやカウンセラーの多くは、
ゴールが「スッキリします」になり、
ライバルがコカコーラになってしまいます。
130円がライバルのビジネスは辛いと思います。
 
 
収益化するためには、
高単価にするには、
最初から全部設計をしてないといけません。
 
設計をミスってたら、
頑張っても、
スキルを磨いても、
付加価値をつけても、
無理なものは無理です。
 
 
 
逆に高収益化するための
設計図を持ってれば、
いくらでも高単価コンテンツを量産できます。
 
なんで、僕は三時間ぐらいで
高収益化のコンテンツを作れます。
ひとえに設計図が頭に入ってるから
だったりします。
 
 
それのテンプレート作って、
誰でも作れるツール化して
それを教える講座作っても面白そうだ(笑)
 
さすがに数ヶ月の連続講座にしないと
教えきれませんが。。
 
 
 
 
そんなわけで、
みんな教えられる何かを持っていますし、
誰でもコンテンツは作れると思ってます。
大事な外せない要素と、
設計図さえ分ってれば
量産さえ可能です。
 
 
 
高収益化するコンテンツを作りたい。
 
そんな方は、
売れる仕組み 実践会へ(笑)
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る