356.【突き詰めていくと職業の境界線が無くなる】

356.【突き詰めていくと職業の境界線が無くなる】
~スキルやノウハウ以上に大事な事~
 
 
昨日のセッション。
第一回目のコンサルという事で、
まだ、お互いに明確に問題を把握してないため、
大雑把な質問と、
大雑把な課題を聞かせてもらい、
 
雑談のような会話の中から、
中核にある本当の心の問題を見つけ、
今まで、なぜそうなってたのか?や、
そことの向き合い方法や、
即効性の高い解決ノウハウと、
根本解決と、応急処置などを
やってきました。
 
 
 
 
ほとんどの場合は、
相談に来られる場合、
問題を明確にわかって
来る人の方が少ないんですよね。
 
なので、問題解決能力以上に、
ヒアリングと理解能力、
相手が気づいてない事に気づく能力
が必要になってきます。
 
 
 
 
僕はあまり無理にモチベーションを
上げる話し方はしないのですが、
その代わり、
相手が見てえないものがみえる、
言葉に出来ないことを言葉にする、
気づいてない本当の問題を見つける、
行き詰まり感がある方向性の道をひらく、
そうすると、クライアント自身で
自然とやりたくなるモチベーションが
上がってくるんですよね。
 
 
 
コンサルじゃなくても、
ある一定の領域に行ってる人は、
みんなそうだと思いますが、
 
コンサルティング、コーチング、
カウンセリング、
それらがボーダレスになり、
境界線が無くなってきます。
 
 
顧客との向き合いの中で、
本当の答えにたどり着くためには、
 
視点が、
・根本の深さ、
・抽象度の高さ
・視野の広さ、
が大事になってきて、
 
もはやコンサルの領域を
超えた事をやっています。
  
 
  
  
やってるのは、まさに、
人生の角度を変えること。
 
 
 
「未来が楽しくなって来た!
 遠回りをして他のとこで、
 数百万も使って来たけど、
 もっと、早く宮城さんのコンサルに
 来たらよかった。」
と言って頂けました。
 
 
 
 
 
 
で、最近恒例になった、
「あの投稿のイラスト、
書いてるんですか?
ものすごく文書とマッチしてるので。。。」
という質問も。
 
 
 
うん、検索で探してきてる、
努力の賜物ですよ(笑)

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る