344.【お金は真っ先に損した方がよい】

344.【お金は真っ先に損した方がよい】
~本当に損をしてはいけないモノとは?~
 
 
損をするという事は、
大体この3つに分けれると思う。
 
・モノやお金を損する (金銭的損失)
・時間やチャンスを損する(時間の無駄)
・体力を損する(無駄作業や骨折り損)
 
 
 
言い換えれば、
・お金
・時間
・体力
のリソースが失う。
という恐怖だ。
 
体力という部分の損失の恐怖は、
「めんどくさい」という言葉で出てくるだろう。
 
まぁ、それはそこまで恐れるモノでも無いし、
嫌だなーぐらいのレベルなので良いとして。
 
寝ればある程度回復するし、
それをどうしても損したくない!というのは少ないと思う。
 
 
 
 
 
一番、多くの人が恐れてるのが
「金銭的な損」
 
でも、これ一番おかしい話しでしか無く、
損を絶対にしない投資なんて
そうそうあるはずも無く、
損しながらも経験を積むしか無い。
 
 
今、損をしても、
お金なんて、いくらでも取り返せる
 
損をして、軌道修正して取り返した。
損をして、それを原動力に成功した。
損をして、目が肥えてホンモノの判断力が身に付いた。
なんてそんな話しいくらでもあるしね。
 
  
 
今、お金の損を恐れる人は、
わたしは、今後一切、成功ができないのでは?
回収出来るほど稼げるつもりがない。
と思ってるだけでしかない。
 
取り返せるというのが自分で信じてないだけだ。
成功するという未来を自分で決めてないだけだ。
 
 
 
 
 
成長カーブは、常に乗算だ。
あとから取り返せる分が数百倍にもなってくる。
成長してしまえば、1年分の損なんて、一ヶ月で取り返せる。 
 
これ結構マジだ。
成長曲線の最初は歯がゆくても、
後半からは、前半の損失なんて気にもならなくなり
何を恐れてたのかが笑い話にしかならなくなる。
成功してる人に、聞いてみるといい。
多分、みんな経験していると思う。
 
 
 
 
 
 
逆に、一番取り返しが付かない損とは
「時間」だ。
 
1~2時間の時間なら損をした気持ちにならないだろうが、
それが、1年単位だったらどうだろうか?
今の自分からバリバリ働いて稼げるとしたら
あと20年ぐらいしかない。
同じペースでと言われたらもっと少ないかもしれない。
 
お金はいくらでも稼ぎ直せる。
でも時間は、稼げ直せない。
もう取り返せない。
ただ、減っていくしかない。
 
 
 
 
残り20年として、1年損をすると残り19年
もう一年損をすると18年。
残り18回しかチャンスのカードが切れない
 
あなたの残りのチャンスカードは、
あと何枚残ってるだろうか?
 
それを取り返せるお金を惜しんで、
取り返せない時間を損している。 
 
 
お金を損をする。と言うことは、
何かしらのチャレンジをしていると言う証拠だ。
 
だから、お金は損をした方がよい。
チャレンジはたくさんした方がよい。
正しいチャレンジと行動は、
いつか必ず成功するから。
 
 
 
 
逆に、
去年、損をしなかった。
去年、チャレンジをしなかった。
 
20枚のチャンスカードが、19個に減った。
今年も同じように、損もチャレンジもしない生活を送る?
 
 
来年はどうだろうか?
人生の18枚の残ったカードを消費しながら、
いつか来るかもしれないタイミングを、
チャレンジを先送りして待つのだろうか?
 
 
 
 
 
カードの残りが数枚になった時に、
それがどういう事か、
本当の意味に気づく。 
 
 
そして、その残ってるカードが
20枚じゃないかもしれない。
50枚あるかもしれないし、
残り1枚かもしれない。
 
長生きする覚悟をしながら
来年終わる準備をしないといけない。
 
 
 
悔いが残らないようにするには、
備えるしかない。
 
 
 
 
 
 
体力を健康に言葉を換えれば、
・お金
・時間
・体力
の3つのリソースの中で、
真っ先に損をして良いのが「お金」という事になる。
 
 
チャレンジをしていけば、
失敗も損も、同じぐらい出てくる。
でもそれは成功のプロセスでしかない事に気づけば
何も怖いことは無くなる。
 
 
 
 
もしチャレンジするのが、
「今」じゃなかったら、「いつ」なのか、
明確に決めて置かないと
カードは簡単にこぼれ落ちる。
 
 
 
 
僕は、勇気があるから
チャレンジをしているのでは無く、
臆病だからこそ、
チャレンジをし続けている。 
 
 
 
カードがこぼれ落ちるのをただ眺める事から、
何かに賭け始めたら、
それから人生が変わった。
多くの損と共に、
それを上回る想像以上の
沢山の数々の成功も手に入った。
 
 
 
 
さあ、
今年残り半分のチャンスカードは、
来年のチャンスカードは、
いったい何に賭ける?
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る