336.【全て、あなたに責任がある 】

336.【全て、あなたに責任がある 】
~責任はどこへ消えた?~
 
責任は僕では無く、あたなにしかない。
全ては、あなたの責任でしかない。
これをいうと、責任転換してると思われて、
じゃあ、あなたには少しも責任はないの?、とか言われるが、
言いたい事がまるで違う。
 
 
この、日本語の「責任」という言葉自体が、
そもそもおかしいのだ。
 
・責任がある
・責任を取る
 
この意味は大きく違う。
 
 
 
 
英語にすれば別々の単語になる。
 
Responsibility: 何かをする責任
Accountability: 結果に対する責任

 
そして、日本だとごちゃ混ぜで使われるから
「責任」という言葉にアレルギーが出てしまう。
 
 
罰を受けることだと思ってる。
 
誰だって罰は受けたくない。
そりゃ僕だって受けたくはないのさ。
 
 
押しつけ、なすりつけ合い、
いやいや、それはあんたの責任でしょ?
いや、そっちじゃないか。などが始まる。
  
 
その言葉が一緒になってるお陰で、
あっというまに無責任大国の出来上がりだ。 
 
  
 
 
 
もう一度言おう。
 
・責任がある
・責任を取る
 
は、意味が全く違う。
 
 
・責任がある
 
は、役割がある、果たす、遂行するなど。
決断や判断や果たす役割がある。
という事でしか無い。
 
罰は受けなくていい。
ただ、役割があると言ってるだけだ。
 
 
そして、あなたの人生は、
あなたのビジネスは、
全てあなたが、その役割を引き受けないといけない。
 
 
   
 
さあ、
覚えておこう。
 
「全て、あなたに責任がある!」
 
 
 

罰を受けろ。
ではなく、

あなたの人生は、
あなたしか責任は取れない。
罰を受ける必要はない。
役割があるだけだ。

もう一度繰り返す。

全て、あなたの責任(役割)だ。
 
 
 
 
もし、責任を引き受けたくなければ、
もし、責任を、役割を、
人に渡してしまったのなら、
一ミリも文句を言ってはいけない。
結果に不満を漏らしてはいけない。
不条理を飲み込まないといけない。
 
だって、あなたの人生は他人のものだから。
自分の人生とビジネスを相手に渡してしまったのだから。
 
 
 
そのぐらい、重要なことだ。
 
罰の押し付け合い。ではなく、
あなたの人生とビジネスの、
役割は、判断は、コントロール権はどこにあるか?だ。
 
 
  
 
いい加減、自分の人生に責任を持とうよ。
困るのは自分しかいないんだから、
最後の最後、なんとかしてくれるのは、
自分しかいないんだから。
 
待ってても、何も起きやしない。
主体的に動くしか無い、考えるしか無い。
どんなに腹を立てても現実が勝手に変わってくれることはない。
 
 
淡々と、黙々と
自分と向き合いながら、
「なんとかする自分」を育てていくしかない。
 
 
特に独立起業は、
自分が自分の会社の、
自分のビジネスの、
「最高責任者」だ。
 
最高責任者の名前の通り、
あなた以上に、責任がある人は世の中に一人も存在しませんよ。
と宣言する事が、CEOになる、社長になる、独立する。という意味になる。
それが、スタッフがいなくて、たとえ一人の個人事業だろうがだ。
 
偉くなる。のではなく、たんに「責任がある」ってだけだ。
人に命令できるポジションではなく、
自分が決定と決断をしなくちゃいけないポジションってだけだ。
 
他人に責任があるのなら、社長を止め、独立を返上した方がいい。
  
 
 
僕自身も、不安になりながらも、
ビビりながらも、
本当は人に押しつけたいという誘惑に駆られながら、
時には判断を間違え痛い目に合い、
時には当たって調子に乗りながらも、
責任力、判断力、意思決定力、決断力を磨いてきた。
 
 
 
独立した時、一番怖かったのは、
仕事やお金が減った事ではない、
 
全てが自分の肩にかかってるという事実なのが怖かった。
答えが分らなくても、自分で決断しないといけないのが怖かった。
最悪なんとかしてくれる、同僚や上司がいないのが怖かった。
誰かが何とかしてくれる事が無い事実が怖かった。
自分の人生を、自分の会社の事を、最重要事項として
本気で考えてる人が世の中に自分しかいない事実も怖かった。
なんとか自分でするしか無かった。
聞ける人、助けてくれる人を、一から自分で作るしか無かった。
 
  
それが、次第に当り前として受け止めれるようになった時、
初めて自立を、事業主を名乗る事が出来た。
 
 
 
 
失敗しないで成長する方法なんて無い。
失敗しながらも、自分の意思で決めてきた、
その道のりが、決断力を、責任力を育てていく。
 
 
一発逆転は存在しない。
自分を育てる以外に答えは無いのだから、
  
 
さぁ腹をくくって、
人生のCEOになろう!
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る