331.【信用されてませんでした】

331.【信用されてませんでした】
~積み上げるべきは信用か信頼か?~
 
実は、わたくし隠してたんですが、
観念して告白してしまいます。
 
 
 
 
 
宮城、
けっこう遅刻魔です。
(内緒にね)
 
 
 
先に来てて待ってても、
誰も来ないからおかしいなと思い
連絡してみたら、
宮城さんだから遅れてくるかと思ってた。
と、外の廊下の椅子で待たれた事も(汗)
 
 
うん。思いっきり信用されてない(泣)
日頃の行ないでしょうか。。。orz
 
 
 
 
信用はされて無いけど、
信頼はされてると思います。
 
 
信用と、
信頼。
 
 
 
結果や物に対してと、
人に対して。
 
 
信用は担保か実績が必要です。
過去や成果や物理的なもの。
評価です。
条件付ということ。
 
 
じゃあ信頼は?
未来や人柄や精神的なもの。
期待です。
条件がいらなかったりします。
 
 
 
信用は失敗したら減りますが、
信頼は失敗しても減りません。
 
 
 
 
僕はもはや遅刻をしない。
という信用は、
戻す事が出来ないくらい、
地に落ちてますが、
信頼はされてるかと思います。
 
 
 
マトメに入ります。
 
 
 
「あなたも信頼を勝ち取り、
遅刻をしてもいいようになりましょう!」
と、言いたいわけじゃなく、
  
 
もし、あなたが
その分野で駆け出しとして
経歴も実績も熟練したスキルも
無かったとしても、
悲観的になる必要はありません。
 
 
信頼を勝ち取れば、
そういった、
輝かしい実績の信用は
必要が無くなります。
 
 
勝ち取る方法は生き様です。
 
Facebook上で、
リア充アピールや、
数で勝負のイイネ数や、
単純すぎる単純接触効果を、
権威性があるキラメキの写真、
マウンティング誇示の輝かしい成果を、
強い後ろ盾の有段資格を、
 
 
そんな積み木のような信用を、
がんばって発信して積み上げるより、
 
  
 
 
乗り越えてきた苦悩を、
顧客と向き合ってる想いを、
期待と希望を抱ける閃きを、
恥もさらけ出せる強さを、
弱さを弱さとして見せれる器を、
自分の過ちを気づける知的さを、
少しでも前進し続ける姿勢を、
 
そういった事を伝えるのが、
信頼を勝ち取る事なんじゃ無いだろうか?
 
 
 
目の前の人を、
あなたが、
どこまで深く理解し、
どこまで深く考え、
どこまで深く信じれるか、
そこに相手は安心感を抱く。
 
そこに、なんの実績が必要だろうか?
なんの信用が必要だろうか?
 
 
 
あたなの生きた道のりの実績が、
最高の実績であり信頼だ。
 
 
 
「あなたから、その資格や
スキルを取ったら何が残るの?」
もしそう聞かれたら、
 
その生き様だ。
そして、未来への期待値だ。
 
 
なんも残んなくて良い。
またゼロから、
いくらでも創りあげられる、
自分だけは残ってるから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、そんな遅刻魔な宮城が講師の
遅刻が許せる方はぜひ、
売れる仕組み実践会へ(笑)
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る