328.【自分の軸が無いから受注ができない】

328.【自分の軸が無いから受注ができない】
~戦略は軸により180度変わる~
 
Jinshi Ichijoさんと、僕とで
連続でやっていた、
『あなたの受注力を最大化する。
年商1000万円企業から年商3000億円企業まで
相手の規模にかかわらず、当たり負けせずに受注する。
受注力強化セミナー』
 
が無事終了しました。
 
 
 
ご連絡など、遅れに遅れてすみません(汗)
もう少しお待ちくださいね。。。
 
 
 
おかげさまで大盛況!
立ち見がでそうな勢いでした。
総勢40名以上の方にご参加いただけました。
 
 
これは凄い!この視点で見たことが無かった!
早速、使ってみます!
チャンスの幅が広がりました!
などのご感想をいただけました。
 
 
 
 
そして今回の受注セミナーに参加された方は
分かるかと思いますが、

大企業を狙おうが、
中堅を狙おうが、
中小を狙おうが、
個人を狙おうが、
 
受注の仕方は存在し、
可能性は全てにあると。
 
あきらめる必要は全く無く、
狙った所は、ちゃんと高確率で受注できる
戦略もノウハウも存在している。
 
最初からあきらめる必要は無いと。
 
一條さんと、僕とが、
言いたかったメッセージはそれで、
チャンスも可能性も平等にあるよと。
 
 
 
 
 
唯一つ、問題があるのが
“あなたの軸”だ。
 
 
中小、個人事業と、
中堅、大企業の受注戦略は
180度違う。
 
中小、個人事業はベネフィットをいかに
磨いてプレゼンするかが大事だけど、
 
中堅、大企業はむしろベネフィットが
無いほうが良い。
 
そのぐらい戦略が180度違う。 
 
 
 
 
どっちにしようかな?と、
迷いながら進めると、
誰からも受注されないビジネスになってしまう。
 
 
じゃあ、どこから受注したいか?
その判断基準は?
どんな発展のさせ方をしたい?
 
正解は、自分の中にしか無い。
 
 
ターゲットが明確になってない、
売り上げ目標が明確に何ってない、
ビジネスのゴールが明確になってない、
自分がなぜその仕事をやってるのか明確になってない、
 
 
ほとんどの人が、
自分の軸を明確にしていないから、
お金に流される。
 
あっちの方がなんとなく稼げそうだ。
理由も強い意志も無いまま、
あっちこっちを見てるから
どっちつかずのビジネスになってしまう。
 
 
 
どっちを選んでも正解だし、
どっちを選んでもやり方は沢山ある。
 
 
でも、大前提は
自分の軸があるかどうかだ。
 
 
 
今回の話も、実際に活用できる人は
自分の軸がしっかりしてる人だと思います。
 
 
 
 
そんなわけで、
来週の土曜日に自分の軸を作る
セミナーをやりたいと思います。
 
【6月11日】人生を思い通りに書き換える方法
「ビジョン・ストーリー シナリオ」
https://www.facebook.com/events/489358757929851
 
 
最初は、他の内容をやろうと思ったんですが、
今回の受注力セミナーを通して、
自分の軸の必要性をものすごく感じて、
急遽、この内容にしました。
 
 
このセミナーは、うまく説明が難しいですが、
自分の軸を作る方法、
ビジョンと、そのための年間戦略を作る方法、
セルフイメージを作る方法など、
ベースの土台となる大事なものが
手に入ります。 
 
 
 
僕がコンサル時に、
相手のビジョンと
セルフイメージを引き出す
元になってる考え方が
このセミナーだったんだなと、
過去の動画を見返して思いました。 
 
 
 
 
 
いくら目標を設定しても
なぜかうまくいかない。
って人は、その理由が分かりますよ。 
 
 
そんな方はぜひオススメです。
 
 
【6月11日】人生を思い通りに書き換える方法
「ビジョン・ストーリー シナリオ」
https://www.facebook.com/events/489358757929851
 
 
 
 
また、ギリギリになっての募集になりました(汗)
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る