312.【趣味と仕事の境界線】

312.【趣味と仕事の境界線】
〜仕事を博打にしない方法〜
 
三年まえに投稿したもの。
今は、感覚的に自然に
攻めと守りをやってたから、
言葉にする事も忘れてたけど、
自分で読んでて、
そっかーと思ってしまった。
 
 
好きでやりたい事をやるには、
それで成功させたかったら、
それなりの戦略が必要で、
知識学習するつもりもなく、
覚悟がない人は、
まず趣味に止めた方がいい。
 
 
 
頑張ったら、頑張った分だけ報われる。
というのは幻想で、
報われるための、
その確率を上げるための、
知識や戦略をちゃんと持つ事。
そのための学習をする事。
それが、“好きな事を成功させる覚悟”
なんじゃないかなと。
 
 
“頑張る”事が尊いのではなく、
“何を行動すれば”成果に繋がるのか?
が、仕事上では一番重要で、
だからか、成功してる人の口から、
「こんなに頑張ってるのに!」という
“努力の見返り要求”の言葉を
一度も聞いた事が無いんだよね。
 
 
努力はもちろん必要不可欠だけど、
“努力は必ず報われなければいけないんだ。”
という思考を持つと、試行錯誤の邪魔になる
恐れもある。
 
だいたい、成果、結果って、
忘れた頃に来る事も多いしね(笑)

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る