303.【人はビジョンに嘘をつく】

303.【人はビジョンに嘘をつく】
~本当の問題は自分ではわからない~
 
人はビジョンに嘘をつく。
“嘘をつく”というと
ちょっと言い過ぎですが、
 
 
ほとんどの、個別コンサルや、
面談に来る質問者は、
 
自分の
本当の問題点や、
本当の強み、
本当のやりたいことを、
把握せずに聞きに来ます。
 
 
 
だから、嘘というよりは
自分でもよく分らないまま、
言葉にも出来ないまま、
質問しに来る事がほとんどです。
 
 
なので最初に相手が話す問題点は、
まずそのまま鵜呑みにしません。
 
 
 
 
ここが、私の問題なんです!
これに、困ってるんです!
これが、私の欲しいものなんです!
 
 
 
うん。多分それは違うんだろうなと。
 
90%以上の人が、
本当の大きな問題点を、
本当に欲しいものを、
 
自分で気づかないままに
なってる事が多いので、
まずは徹底的にヒアリングします。
 
 
 
 
「風邪っぽいので風邪薬ください。」
と言われて、診察もせずに
風邪薬を出すのは、
そんなものコンサルでは無いんです。
 
診断が先なんです。
  
 
まずは、相手を理解する。
ここで大事なのは、
“相手を相手以上に理解する”こと。
 
本人が気付けなかった、
本当の原因を探り出し、
 
それから初めて
コンサルが出来るわけです。
 
 
 
 
 
 
 
  
そんなわけで、
岩田さんへのコンサルティング
 
最初の聞かれたお題を
華麗にスルーしながら、
本当の問題に切り込んで行く。
まるで推理小説のように、
一つの大きな心のブロックの
真犯人を見つけて行く。
 
それを見つけ崩した瞬間、
その人のやる気が見違えたように
180度変わっていく。
 
 
実際は僕が何をやってるかというと
・コンサルティング
・コーチング
・デザインシンキング
の三つを混ぜた事をやっていて、
これは受けた人しかわからない、
説明が難しいものだけど、
 
これをやることで、
その人の心と頭の
受け皿が劇的に変わるので、
その後の具体的な戦略の指導が
やりやすくなって行きますし、
ビジョンも作りやすくなってきます。
 
 
 
 
 
岩田 敬子さんの感想投稿
 
【コンサルの真髄は北風と太陽で】

 
 
 
 
 
行動出来なくなったり、
何かにつまずいたりしても、
なにも自分を責める必要は無く、
 
ただ、相談に来てもらえば
解決する事だったりしますしね(笑)
 
 
 
そんなわけで、
恋愛以外のご相談は
売れる仕組み実践会へ(笑)
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る