299.【仕事を玩具化して遊ぶ】

299.【仕事を玩具化して遊ぶ】
  
『超玩具発想法 ザリガニワークスのスーパートイ工房』
出版記念会に行ってきました。
 
「日常を玩具化して遊ぶ」という
超玩具発想法を。との事ですが、
 
本を読んだら分るというか、
作品を見たら分るというか、
もう本人を見たら分るという、
 
もはや、仕事を玩具化して遊んでるだろ!
というクリエイターとしては
憧れずには居られない
突っ込みをせざるを得ないわけで。
 
 
 
そして作品のクオリティと共に、
コレジャナイ感という名の、
安定のそうそうコレだよ感。
 
 
 
 
実は自分のブランド「ice-mix」で
敬愛し目標として目指してたものは、
海外では「Fred」であり、
日本では「ザリガニワークス」だった。
そして、その中間を虎視眈々と
狙おうとしていたのは秘密だ。
 
 
 
そんなわけで、招待されたからには
行くしか!とオープニングパーティー
行ってきましたよ。
 
 
コンサルを名乗ったら、
この本の編集の山本さんには、
怪しい、怪しいを、一年分言われ、
(もしくは一生分)
 
久しぶりに会った、
アイスマン福留さんには、
目を覚ませ!
クリエイター業界に戻って来いと、
わりと真剣目に言われ、
 
そういえばコンサルって傍目からみたら、
怪しい職業だよなーと
久しぶりに思い出してました。
 
 
たぶん、ガッツリ情報商材系のと、
間違われてる感が半端なかったです。
 
まさしく、ソレジャナイ感。。。。(泣)
 
 
 
 
 
でも、こんな僕でも
素晴らしい作品を見ていたら
クリエイター魂が疼くわけです。
 
 
 
遊びが仕事になるのか、
仕事が遊ばれてるのか、
 
なんというか、
すげ楽しそう!
というクリエイターにとっては、
ザリガニさんは
一つの理想形なんだなと、
改めて思いました。
 
 
 
特に今回のは、
子供のままスクスクと
才能が育ちすぎた。というか、
 
正しい才能の無駄使いの使い方。
と言わんばかりに、

絶対に必要ないけど、
欲しい!
無くても困らないけど、
欲しい!
意味あるかもわからんけど、
欲しい!
持っててもむしろ困る気もするけど、
欲しい!
 
という、よく分らない
超玩具っぷりを発揮しています。
 
 
 
 
クリエイターの人は、
この本や作品は見ておいた方がいいと思います。
子供のままで、仕事が成り立つという錯覚に陥り、
色んなモノがアリなんだ!と思えてきて、
希望が持てること請け合いです。
 
 
本当は、こういうことを成立させられるのが
センスや才能だと思うわけですが。
 
 
読んでいて無邪気に楽しめる本であり
作品群なので、かなりオススメです。
 
 

4月2日ー10日まで、
勝どき @btfギャラリーにて
「スーパートイ」の実物を展示されていますので
クリエイターの人は一度は行った方が良いですよ!
 
 
本も昨日発売との事なので、店頭やアマゾンにて!
『超玩具発想法 ザリガニワークスのスーパートイ工房』
 
 
商品化を想定してないコンプラ無視の
キレッキレのアイデアを丸出しにした品は
展示会や本でしか見れないので、
実はかなり貴重と思いました。
 
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る