280.【幸せになれる、唯一の法方】

280.【幸せになれる、唯一の法方】
~頑張っても、なぜ幸せになれないのか?~
 
以前は、目標主義、成果主義に近かったと思います。

コンサルという立場だからなのか、
会社を背負ってる重荷なのか、
過去の悔しさなのか、
 
 
だけど以前はなぜか、
幸せの定義を聞かれても、
仕事の領域、
仕事の目標
以外はうまく何も答えられませんでした。
 
稼いだ、でも寂しさは残ってた。
ちゃんと向き合って無かった。
 
 
 
去年今年になって、やっと答えを見つけ始めました。
 
 
 
売れる仕組み実践会の
「中級講座」では、幸せの定義決めから始めてます。
そういうシートを使った、ワークをしてもらいます。
(初級では意図的にやってません)
 
 
自分が間違えて通ってきた道の解決方法を最初に提供しています。
 
 
そして、幸せの定義を
「書けない」というクライアントさんが何人か居ました。
そして、そういう人が実は優秀で頑張り屋な人が多いです。
 
でも、ゴールが無い道のりを頑張り続けてるわけです。
 
 
 
 
幸せの定義がはっきりしてない人に
もっと頑張れなんて言うのって酷じゃないですか。
 
だからこそ、最初にやって起きたかったわけでです。
売上げが伸び始めた人は絶対にやった方が良い
 
 
 
ビジネスを成功させる、
売上げを上げる、
稼ぐのは当り前なんですよ。
成果を出すのは当り前なんですよ。
そして、それはとうの昔に通り過ぎてて、
 
上手く説明しずらいですが、
成果や結果、稼ぐのにこだわるのは当り前として
それでも成果主義にならない。
それは探求であり、
「しなくてはいけない(MUST)では無い。」という事です。
究極の所、言ってしまえば、「しなくてはいけない」事は
世の中に存在はしてないと思っています。
 
 
 
探求だからこそ、
僕はお客が居ない頃から、
売上げが数千円の頃から、
お客が増えて、売上げも数千万になった今でも、
誰にも頼まれてもいないのに
同じように変わらず「売れる仕組み」を探求しています。
 
 
掲げてる天職自在とは、
しなくてはいけない領域ではなく
探求から発生するビジネスを推奨しています。
 
 
 
欲しい感情を無視して、
何が成功なものか。
 
 
 
通帳残高の8桁は
幸せでも安心でも無かった。
 
ビジネス、そのものが楽しかった。
集ってくれる人と一緒に、それぞれのビジネスを
攻略してるのが一体感と共にワクワクした。
新しい手法を編み出して体系化してるのが楽しかった。
それを驚いて認めてくれるのが嬉しかった。
クライアントが成果を出してくれると達成感があった。
 
 
欲しい感情を知らずして、
何が目標なものか。
 
 
 
 
そして、面白いのが
幸せや成功の定義を決めてないと、
「成功しないのが幸せ」だと
気がつかないうちに、
潜在的に思い込み始めます。
 
高単価で売れてしまったら、
責任が増えてしまうかもしれない。
ストレスが増えてしまうかもしれない。
時間が奪われてしまうかもしれない。
もっと頑張らないといけないかもしれない。
 
だったら、今の成功してない方が
幸せなんじゃないだろうか?と。
 
本気で、「売れてしまったらどうしよう?」
とか言い始めます。
経験上そういう人はかなりいます。 
 
 
結局の所、常に「幻想や思い込み」との戦いです。
現状を維持しようとする思考回路との戦いです。
 
はっきりさせる事でしか、
はっきりした道は開けません。
 
 
 
 
 
あなたも、幸せの定義持ってますか?

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る