099.【ブレインスルー、ライティング】

相手の思考を攻略し、
心にちょくせつ届け動かせる、
売れる文章を作る方法
ブレインスルー、ライティング
 
 
「ブレインスルー、ライティング」って何だ?
うん、いま名付けました。
明日になったら変わってるかもしれませんw
最初は、ブレイン・ジャック、ライティングと
書いてたんですが、ちょっとえげつない感じがするかなと(汗)
 
そんなわけで、
人はあなたの文章を、
 
なぜ、読まないのか?
なぜ、信じないのか?
なぜ、動かないのか?
 
まずは、相手の脳を攻略しましょうか。
 
思考と、心と、感情は別物です。
それぞれに、アプローチし攻略しないといけません。
とはいえ、そんなに難しくないですよ。
僕も、心理学や潜在意識の専門家でも無いですし、
コピーライティングの専門家でもありません。
ましてや、文法や、下手すりゃ漢字さえしりません。
正直専門的な難しい事はわかりませんが、
何が問題で、どう攻略すればいいかは知っています。
  
唯一、ビジネスを成功させる文章であれば、専門分野です。
  
 
  
ビジネスをやる上では、
文章は強力な武器となると思います。
 
人にセールスするときは、90%以上が言葉とビジュアルでしかアピールできません。
人は言葉と視覚でしか、理論的に理解できません。
それが文章じゃなくても、シャベリでも同じこと。
主な要素は実はあまり変わらないですよ。
 
ビジネスをうまくいくためには、
勝手に売れるためには
言葉(文章や口頭)は無くてはならないスキルとです。
 
そして、僕みたいに饒舌では無い、しゃべり下手な人にとって、
書くことはビジネスの生命線だったりもします。 
 
そして、ビジュアルアプローチ、いわばデザイナーも
絵で意図を伝えるわけで、ただわかりやすさではなく、
その意図は“何をどの順番に伝えるか”が重要だったりします。
 
 
文章も、商品の良さを余すところなく伝えても、
正直意味がなかったりしますよね。
  
 
 
ブログ、メルマガ、DM,FAX
すべてツールでしかなく、それよりか、
そこにどんな言葉が、どんな順番であるかが重要だったりします。
 
 
確実に読まれる方法、
商品の説明をほとんどしなくても売れる方法
人を意図的に集める方法、
すべて言葉で可能ですが、
根本は、人間の思考をどのように攻略するかにかかってます。
 
 
実はそんなに難しくありません。
物を買ったとき、イベントに参加したとき、
なぜ、自分は興味を持ち、行動したのだろう?
自分の心の動きを観察すると、そこにヒントは沢山埋まっていますよ(笑)
 
 
  
 
そんなわけで、
 
相手の思考を攻略し、
心にちょくせつ届け動かせる、
ブレインスルー、ライティング
「売れる文章の作り方セミナー」
 
を行います。
 
「売れる」ための文章に特化したノウハウや、
心理攻略法、アイデアの出し方、とストックの仕方、
ネタ帳など、もろもろが一日で手に入ります。
 
 
  
 
日程は、なんと今週末!
12日 11時-14時
先着8名まで!
場所は渋谷!
 
【申し込みフォーム】
※終了しました。
 
  
  
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る