149.【 起業した方が良いのか? 】

【 起業した方が良いのか? 】
~人生の選択権を取り戻す方法~
 
会社勤めの方に、
「起業したいけど、いま辞めて独立したほうが良いかどうか」の
アドバイスとして、
まずは会社にいるという利点を生かしましょう。
というアドバイスはします。
 
起業と独立とは、まるで違います。
独立は、それなりに色々と大変ですが、
起業は、今晩から出来ます。
 
独立とは、会社を辞め、独り立ちする事。
起業とは、生業を起こす、サービスを立ち上げる事。
 
なにも会社を辞めなくても、一時間後にでも起業は出来ます。
  
それを前提で、起業した方が良いのか?という質問であれば、
正直なところ、どっちでもいいと思います。
お好みでどうぞ。
 
 
ただし、起業する力は全ての人が身につけておいた方が良いと思います。
「選択肢が無いから起業しない」
ではなく、しっかりと力を持って、その上で自分で選択すればいい。
そうしないと会社にしがみ付いた状態になる。
 
いつ首を切られるかわからない。
理不尽な事も受け入れないといけない。

結局の所、人生を会社にお金で縛られてしまってるわけです。
 
  
 
選択権は自分の力で作らないといけないんです。
別に、会社を辞めろと言ってるわけじゃなく、
縛られてるのではなく自分で選択して、
その会社にいるのを選んだ方が良いという事です。
 
辞めてもやっていける、でもその会社が楽しいから居る。
そういう自分の選択をもって居る方が楽しいんじゃないでしょうか?
 
 
そして、起業する力を身につければ、会社にいても必ず出世します。
出世しない方がおかしいです。
なんせ社長視点で物が観れるようになるから。
 
 
みんな、自分の取り分の給料しか見てない状態で、
会社の、社長の視点から、お金の話が出来る人は、
どれほど重宝されるか。
それだけでも相当な武器になります。
 
 
いろんな著名な人が、もう会社に勤めてる時代は古くなると言ってます。
これから10年が激変するらしいです。
それが本当かどうかはわかりませんが、
個人の力が求めら得る時代には間違いありません。
会社に居ながら、本を出したり、サービスを立ち上げたり、
有名になったりという人が増えて行っていますよね。
 
 
 
話は戻りますが、
それを踏まえた上で、
「起業した方が良いのかどうか?」
正直なところ、どっちでもいいと思います。
売れる力を、ビジネス力を、起業する力を持った上で、
お好みでどうぞ。
 

ただし、
いま、この仕事をするために生まれて来たのかなーとか、
考えてみるといいですよ。
 
 
うん。
僕は、この仕事をするために生まれて独立したんだなとさえ思ってます。
まだまだ、入り口に立っただけだけど、
今はそんな風にも思えるんです。
 
 
そして、思うんです。
まだ、このままでは終われんぞ。と。
 
 
2年前に広げた大風呂敷。
その時は、どうするかなんてさっぱり分からなかった。
試行錯誤しまくって、勉強しまくって、
気づけは大風呂敷の10分の1は叶ってる。
足がかりは出来た。
ここまで来れば、もうちょいだと。
 
今年は、大風呂敷の10分の4を目指してます。
 
 
 
ゴールは人それぞれだけど、
今、何のためにそれをやっているのか、
今一度考えてみてはどうでしょうか?
 
 
あなたの今の仕事は、今の状態は、
ただの妥協じゃなく、ちゃんと自分で選択し、選んでる結果ですか?
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る