181.【 忙しいのに頑張ってるのに、なぜか稼げない人の共通点 】

【 忙しいのに頑張ってるのに、なぜか稼げない人の共通点 】
~自己投資とレバレッジが全ての鍵~
 
ビジネスは全て「時間か、労力か、お金か、知恵」の
投資が先でリターンは後です。
  
投資をせずに、目先の利益を求めると
小金しかやってきません。
結果、どんどん忙しくなるのに、
なぜか小金しか残らなくなっちゃいます。
 
だから、沢山働かなくちゃいけなくなり、
投資に回せるお金と時間が無くなっていく、
最悪な循環に陥ります。
  
 
【4つのサイクル】
春:種まき(投資)
夏:成長
秋:収穫
冬:熟成
 
そして春に再投資で
どんどんその収穫を増やしていきます。
 
レバレッジが効いてきて、
あるタイミングから急上昇してきます。
時間と労力がどんどんと要らなくなってきます。
 
 
 
タネを植えずに、その種もみだけ食べていたら、
そりゃ収穫以前の話ですしね。
種も植えてないのに、「いつかは」やってこないですよね。
  
 
忙しい割りには、全然成果が出ない、利益が上がらない。
って人は、ほとんどこのパターンです。
 
 
自己投資や、春夏秋冬理論って、
僕が言わなくても、
もはや色んな本にも書いてるし、
その手の本を読んでる人なら確実に知ってる話ではあります。
ほんと、いまさらな話でもあるですが。

 
が、
「知ってる」と、
「やってる」と、
「できている」、
は違います。
  
 
 
感覚的には8割は「知ってるけど、やってない」
人が多い気がします。

 
大切な事なのでもう一度言います。
 
「時間か、労力か、お金か、知恵」の
投資が先でリターンは後です。
 
お金が無いなら「時間か、労力か、知恵」を差し出しましょう。
時間が無いなら「労力か、お金か、知恵」を差し出しましょう。
知恵が無いなら「時間か、労力か、お金」を差し出しましょう。
 
何も差し出したくない人は「あなたの未来」を
差し出してしまってるのに気がつきましょう。
 
 
  
 
 
で、同じ事をやり続けるのは努力でも無く、
それは「怠慢」と言います。
 
  
 
 
よく、商品構成と単価、ビジネスモデルの話を、
特に単価が高い収益商品やリピートにかんして話すと、
いや、うちのビジネスには当てはまらない。
と言われる方がいます。
 
 
うん、それなら、
もう答えは自分でも分かってるはずなのにね。
 
その単価の商品とビジネスモデルをやり続けてる間は、
同じやり方をずっと頑張っていても、
楽になることは未来永劫あり得ないって事に。
 
でも、その失敗したビジネスモデルのまま、
成功させたいといい始めます。
 
  
 
事業を維持するための努力は、消費であり、
事業を発展させるためにする努力は投資です。
 
 
 
同じ努力するなら報われない努力ではなく、
報われる努力をしましょう。
 
 
 
 
最終的には、
自分が変わるしかない。
自分が成長するしかない。
自分の人生の責任を持つしかない。
 
今の自分は、これまでの自分の選択の結果でしかない
 
  
 
人って面白いもので、
「変わる」ってのが物凄い大変と感じるらしいです。
それが良い方に変わるとしても、
悪いほうに変わるとしても、
「変化」が苦手な生き物です。 
 
 
今のままじゃ嫌だ!と、どんなに叫んでも、
脳が変わることを拒否するように出来ています。
 
変わりたくないと思ってる潜在意識と
戦うこそが成功する努力です。

 
 
  

投資が先です。
変化が先です。
 
 
 
それだけ守ってれば、
大丈夫。
 
必ず、成果と成長は手に入る
 
 
  
  
 
  

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る