072.【 年収を上げる簡単な方法 】

【 年収を上げる簡単な方法 】
 
ざっくり言っちゃえばマインドの話になるんですが、
年収がドンドン上がる人と、上がらない人の決定的な違い。それは、
 
 
年収や給料を上げたければ、
自分が与えるのが先。
自分が価値がある人になるのが先。
 
与えたものの10分の1、返しが収入となる。
よくサラリーマンは給料の3倍会社に稼がせないと、給料泥棒だといわれる。
そして商売は商品価格の3倍はお客に価値あるものを提供しないといけない。
なので、いただくお金の10倍は与える事をしないといけない。
何をもって10倍かというのは置いておくとして、イメージ的にはそんな感じ。
 
 
そして、このマインドを持てば、それが簡単にできます。
 
それは、『成果報酬思考』 
 
成果報酬は与えたモノの対価でしか帰ってこないという考え方。
これは、べつに必ずしも成果報酬制度にしろと言ってるわけではなく、
どんな給料体系、報酬体系であろうが、気持ちは成果報酬のつもりでやれと。
 
先に価値や与えるものを作るのが先で、報酬は後。
 
そして、年収があがらない人の考え方。
こんだけしか貰ってないから、こんだけしかやらない。
先に貰らわないと、動かない、作らない。
もっと最悪なのは、頑張っても給料変わらないからサボった方が得だ。
これは絶対やってはいけない。
自分の価値をガンガン下げてるだけだ。
年収下がるか、リストラ対象にしかならない。
 
 
僕はセミナーの講師に呼ばれたら、それが有料でも無料でも、
まず断ることはせず受ける事にしています。
そして無料だからといって手は抜かないし、一切出し惜しみもしない。
 
無料で全力を出すから、そこにきてくれた人で、じゃあうちの方でもスピーカーをやって
くれないかとオファーが来る。
無料でこんだけ話す人なんだから、有料だともっと凄いだろうと期待感もあるだろうし。
(お呼ばれ講師とは逆に、コンサルの方は友達だろうが有料と決めています)
  
自分の力や信頼性を多くの人に知ってもらえる場なのだから、
そこで手を抜く、出し惜しみをするほうが致命的だ。
 
 
コンサルの方もおかげさまで年収は右肩上がりです。
それが可能になった理由は、目先のお金ではなく、
常に与える価値を高めていったからです。
いくら貰ったかは関係なく、その10倍以上をどうやって与えるかを常に考えてます。
 
出し惜しみをしてると進化(と収入)が止まります。
出し惜しみする人は、ネタのストックが無くなるとでも思ってるからです。
ドンドン出してる方が、もっと良質のネタが増えていくのを経験していないからです。
 
 
僕はコンサル料金を、常に徐々に値上げする事を公言してます。
つねに今日契約するが最安値という事です。
そしてお客に与える価値の進化が止まったら、1円しか値上げできません。
  
 
年収2倍欲しければ、20倍与える価値を作らないといけないわけです。
20倍というと20倍努力しないといけないとか、20倍時間がかかるとか、
凄く大変そうに見えますが、実はそんなに難しくないのがマーケティングの肝です。
場合によっては数ヶ月、もしくはモノによっては数日で可能な場合もあります。
(僕の場合は、年収が2倍になったキッカケの作業時間は2時間でした。)
 
 
僕のマーケティングの理論は、一言で言うと
『貢献の覚悟』という言葉を使ってるのですが、
集客術にせよ、単価や売上アップにせよ、年収を倍にするにせよ、
全てそれがベースです。
「成果報酬思考」も「貢献の覚悟」の中の考え方の一つです。
 
 
スキルではなく、考え方、マインドの話なので、
理解できる人には一瞬で身に付いて年収上がるし、
理解できない人には一生身に付かない。
この投稿を読んだだけで、年収が今後上がる人もいるだろうし、
まったく変わらなく意味が無い場合もあるだろうし、
マインドって面白いですね(笑)
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る