109.【 やりたいことが見つからない 】

【 やりたいことが見つからない 】
~自分が誰だか、ちゃんと知っていますか?~
 
 
先日のクライアントさんの、最初の一言が
「やる気が出無いし、やりたいことが無い」
でした。
 
「あれ?前回のやつはどうなったんですか?」
 
「やっぱり、あれやめようかと。やりたい事がわからなくなって。」
 
「んー、そうですかー。。。」
 
 
 
 
 
 
みんな、“やりたいこと”という言葉に惑わされてませんか?
 
 
探求したいこと、飽きないもの。
行動とか、職業とかそういうレベルの物じゃなく、
ただ探求したい事。
うまく言えないけど、
やりたいこととは違う。
 
やりたい事で、“自分のために”は数が少ない
やりたい事で、“人のために”は数が多い
 
 
 
自分のためって、結構すぐ飽きる。
自分が思ってたよりも早く。
 
  
それより、探求したい事を、
与える手段のバリエーションが、
やりたいこと、になる。
 
 
だから、やりたいことから、探すと行き詰まりやすい。
特に職種として、やりたいことを探すとより宝くじを探す羽目になる。
 
  
僕自身も、過去には、やりたいことが全く無かった時がありました。
その時感じたのは、あれ?人生ってこんなもんなの?だった。
一億円持ってたと想像しても、使い先が見つからない。

何がやりたいですか?という問いは時にざんこくとなる。
やりたいことが無いのが悪いみたいな居心地の悪さを感じる。
そもそも、聞かれてすぐに答えられるようなら、悩んでないよと。
 
 
 
 
 
分かっていたけど、一応確認のために聞いてみました。
 
 
「何が、やりたいですか?」
 
 
「寝てたい。」
 
 
やる気も、自信も、無い状態。
 
 
 
おぅ!これでは今、
集客やマーケティング設計の話をしても意味がない。
  
  
そこで、最近自分が力を入れている、
独自のノウハウの、
ブレインスキャン(独自のヒアリング手法)で、
再度、思考を引き出す事に。
 
コーチングっぽいとも言われますが、
僕自身がコーチでも無いし、
コーチングも習った事がないので、
よくわかりませんが、
コーチングと、決定的に違うのは
気づかせる+解決して第三の提案をしながら、
ビジネスと未来設計をする。という所です。
 
 
  
簡単にいえば、一時間ぐらいかけて、
『あなたが何者だというのが明確にわかる。』
という手法です。
 
本人とビジネスと未来のコンセプトを作るという事です。
(僕の考えとしては、自分がやっている事は、
ただ売り上げを上げるだけの話ではなく、
その人の、人生と未来に係わってる仕事だと思ってます。
なので通常の一般的なコンサルとは立ち居地がちょっと違うかも。
というより、コンサルという肩書きもいらないですしね。) 
 
 
 
ブレインスキャン手法を駆使して、
色々と、探っていく中で、
中核が出てきて、 
 
最後には、
「これだよ。
ソレがしたかった!
これなら、絶対に負けないし、
負けたくない!」

と、まさに、それをやるために生まれて来たかのような状態に。
今の自分の環境が、そのビジネスをする為にそろってるかのように。
 
 
次々と自分からアイデアを出し、
それに乗せて価値の再設計をし、自分の定義を作り、
最後には、これなら世界進出も出来そうだと。
寝てたい人が一気に世界までいっちゃったよ。
 
一時間前の、やる気ゼロ、自信ゼロから、まるっきり別人に。
 
この瞬間から、その人は、
多分、日本での第一人者になった。
   
 
 
才能あっても、いくら人から求められても、
戦う土俵を間違えるだけで、こんなにも違うのかと。
 
 
商いは、飽きないです。
やりたいこと。ってよりも、
探求しても飽きない事をやってた方が良いと思います。
もちろん、ニーズと戦略の上でです。 
 
 
 
  
あなたは、自分は何者か、自分でわかっていますか?
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る