183.【達人とおしゃべり】001:清水さん

【達人とおしゃべり】001:清水さん
 
達人の視野って見たくないですか?
どんな物が見えてるか。
世界をどのように見ているか?
 
僕は、売れる仕組み構築など、
仕組みやテクニック系に強い
コンサルではありますが、
テクニック以外の部分に
興味を持つようになり、
自分自身のあり方を問われる時期にきて、
自分なりの答えを出したわけですが、
 
 
「あり方」って、すごい漠然としてると思いません?
答えはそれぞれ違うのは当たり前ですが、
「あり方」の定義も人それぞれだったりします。
 
理念とか、信念って意味ですか?とか。
でも、あり方が大事だ。と定義もあやふやなまま、
大切さだけがピックアップされます。
なので、余計カオス状態に陥る。
 
多分、みんな何かを持ってて、
正解不正解は無く、
その深さの違いなのかなとも思います。
 
で、漠然としたものを、
そのまま漠然と聞いてしまおうと思ったわけです。
 
定義をこちらで固定化するよりも、
どんな定義を持ってるのか?
をも、見てみたいなと。
 
 
 
その人の、
価値観、世界観、視野を
見てみたいなと思ったわけです。
 
特に、周りにいる凄いなぁと思ってる人の、
そういう物って聞いてみたくないですか?
 
いろんな業種の、
特に自分ってものを
極めてるなぁという達人に。
 
 
そんなわけで、
ラーニングエッジ、清水さん
ちなみに写真は去年の写真です(笑)
 
 
凄いドタバタしてるタイミングで、
無理して聞かせてもらいました(笑)
 
 
【Q】清水さんの、そのビジネスの本質って何ですか?
 
【A】「教育の流通」です
 
ラーニングエッジの掲げてるロゴ
「人に魚を与えれば、一日食べさせることができる。だが魚釣りを教えれば、 一生食べさせることができる」を掲げてるだけあり、
講師を増やす、セミナーを増やす、
教育の場と機会を増やす、
それを体現化してる会社なんだなと
感じました。
 
 
 
 
そして、肝心の質問。
 
 
【Q】.清水さんの「あり方」は何ですか?
 
【A】「自然体でいること」です
 
 
調和といったらいいのか、
清水さんの登壇してる姿は、
昔から感じてたんですが、
すごい自然体に見えるんですよね。
そして、凄い人なのに、
すごくフラットに僕みたいな人にも接してくれる。
 
常に自然体でいれる、いようとする。っ て
常に自分を信じてないとできないですよね。
自然体だけど、緩くない、止まってない。
無理せず、自然体のまま突っ走ってる感じ。
  
 
もう少し深く聞けばよかった(笑)
  
  
時間が無かったので、
言葉の意味は、僕の解釈で書いていますが、
こんど、機会があれば、
今度はゆっくり聞かせてもらいたいです。
 
 
 
シリーズ化したいなぁ(笑)
  
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る