060.【起業するには、何があれば起業できますか?】

【起業するには、何があれば起業できますか?】
 
著者俣野さん小川晋平さんコラボセミナー
「起業ってどうすりゃいいの?」QA に行ってきました。
  
僕はすでに起業してるし、有限会社なので結構長くやっています。なので、
 
場違いといえば場違いではあるんですが
ビジネスコンサルタントとして、これからスタートアップさせようとしてるクライアントさんもいるので、より成果を出す方法や、何がボトルネックに感じてるんだろうとか、色々と知りたかったのと、
プロのお二人の入り口と出口の考え方が知りたかったんです。
今の自分のビジネスや、クライアントさんのビジネスに直ぐに応用できますしね。
あと、実は最速でマネタイズ(ビジネス立ち上げ)の実験もやってるので
ここは行っておかねばと!
  
 
セミナーの内容は面白く、途中で高度になり過ぎてたものの、
起業後の人は大きくうなずくしかない。という場面で
周りがピンときていないな、というのもあり、
この部分が経験してないと分からない部分なのかとか、
そういう部分だけでもかなり勉強になりました。
 
小川さんのさらっと書いた、
「サーチ ⇒ キャッチ ⇒ ホールド ⇒ 育成 ⇒ セールス」
なんて、これキッチリ説明するだけでも数万円分のセミナーじゃん!と。
 
 
そして、「ビジネスにネタはいらない。」というお二人の言葉が
やっぱそうだよなーと思いつつ、クリエイター畑の僕としては
自分でいくらでもあたらしい物を作れて、それをやりたがってしまい、
それが武器でもあり、致命的な欠点でもあったんですよね。
商売の前にエゴが来ると。
 
 
起業に必要な物はなんですか?
という質問に会場の返答は、
登記とか、資金調達とか、色々と出てたんですが、
みんな難しく考え過ぎなんじゃないかなと。
 
僕は「サービスとお客」を繋げるのがビジネスで
自分のビジネス持てば起業で、
後は言ってしまえば何もいらない。と思ってます。
以前僕が起業系のセミナーで講師をやらせてもらったときに
言ったのが、ハードとソフトに分けろ。
ソフトの最小単位だったらお金も時間も人も要らない物になる。
と話しました。
「それでも夢を叶えたい人のための、
お金、人、時間を使わない起業術」というセミナーです。
 
事務所や、登記や、人材、お金、は手段でしかなく、
本当に必要あるのかどうか?、必要ない状態にはできないのか?
絶対必要になったときに初めて調達すれば
いいだけなんじゃないかなと思ってます。
自分もそうしてきましたし。
 
 
 
そして俣野さんに、「僕はサラリーマンではなく、すでに起業していますが、そういう人に俣野さんが書いた本でお勧めの一冊はなんですか?」
と聞いたところ、
『プロフェッショナル サラリーマン 実践Q&A編』
をお勧めされました。
 
 
 
“暇こそが新しいビジネスのタネを生む。”
まだ昨日本を頂いたので、ちゃんと全部に目を通してませんが、
「スケジュールの空白を恐れるな」とその本にも書いてあったし、
セミナー中お二人が言っていた、
「空いた時間でしか、アイデアは生まれない。」
もうこれ、ほんとだと思います。
スケジュールをぎちぎちに詰め込むと、
アイデアも生まれず、アイデアが生まれたとしても
それを実行して検証する。という事さえできなくなる。
 

“隙間時間活用法は、あなたのヒラメキを殺す”
僕も30分~1時間ぐらいの隙間時間は、
本を読むか、エバーノート片手に、
アイデアを出しながらガシガシとメモって、
コンテンツを作ってます。
 
で、またさらに空いた時間で、それを出して周りの反応次第で
正式サービスにするかを検討してーという事も多いです。
 
 
そういう事が多いので、
僕も普段クライアントさんには、どんなに忙しくても
チャンスを掴むために片手は開けとけ。と言ってました。
アイデアを作る、整理する、行動する。という事を
スケジュールやタスク作らない(作れない)んだから
むしろ隙間時間を別の事で活用なんてしない方が良いと思ってます。
 
 
 
“簡単に膨大な時間を生む方法。”
本に書いてある中で気になって目に飛び込んだ言葉が、
「課題=目標ー現状」
本の本文では、「資格とか取った方がよいですかね?」
の質問に対し、今の仕事の成果に繋がるかどうか。
上の方程式にあてはまるかどうか。
目標と現実とのギャップを埋めるためにそれが必要なのかを考えろと。
まさしくそれで、必要の無い資格の勉強を止めるだけで、
「一瞬にして膨大な時間が生まれる。」んですよ。
 
時間管理とか、隙間時間活用とか、そういう事ではなく、
もっとそれ以前の事に目を向ける事が大事ですよね。
 
 
 
まだ、パラパラとしか読めてませんが、それだけでも
うなずきとヒラメキがあり、
これはヤバイ!と分かる本です。
これは後でジックリ読まなくては!
サラリーマン向けの本ではありますが、
起業したい人にもお勧めです!
なんせ、起業したての頃は自分が上司でもあり部下でもあるんですから。
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る