260.【言葉を制すれば、ビジネスも制する】

【言葉を制すれば、ビジネスも制する】
〜料理人じゃない僕が、飲食店へのコンサルができる理由〜
  
先日、飲食店のコンサルをして来ました。
食べるの専門、料理がまったくできない僕が、
飲食店へああだこうだ言うわけですから
不思議な感じです(笑)
 
 
繁盛店になるには?
お客さんに満足してもらうには?
サービスと合理化のバランス、
たんに人の手を使うのが価値なのか?
どれが価値なのか?について。
なぜ、味は一緒なのに、
満足と評判が違うのか?
一生懸命の罠。
などの話になりました。
 
 
 
面白いもので、
人間は脳で理解して食べてるので、
説明を変えるだけで、
人間って味が変わるんですよね。
(探せばその手の本は沢山あります)

 
 
なので、料理が出来なくても、
さらに美味しくする事は出来るわけです。
(もちろんベースとして美味しくないと成り立たないw)
 
 
 
例えば、コーラだと思って、
麦茶を飲んだら、物凄く不味く感じませんか?
麦茶だと思って飲めば美味しいはずなのに。
認識で食べてる、味わってるんですよね。
 
 
 
より美味しく食べてもらうには
どうすれば良いのか?
素材だけではなく、
ちゃんと良さも伝えなければ
味だけでは伝わらない物だったりします。
 
 
良くも悪くも、
まさに、情報を食べている。
 
思考も、言葉で考えてるわけだし、
ほとんどの場合は、
感じる事は出来ても、
人は言葉でしか認識できない。
 
 
言葉の力とは実は、
それほどパワフルなものなんです。
 
 
 
全ては言葉から。
言葉を制すれば、
認識、概念、観念、
も制する事が出来る。
 
 
言葉を制すれば、
ビジネスは制する。
どんな物でも売れるようになる。
どんな職種だろうが、
コンサル出来るようになる。
 
 
 
おかげさまで、
言葉のマジシャンと、
評価を頂く事もありました(笑)
 
 
 
来年から、売れる仕組みの
中級講座も作るので、
心理学を使った、
その言葉の制し方や、
使い方、考え方も、
伝えて行きたいなと思ってます。
 
 
 
全ての人は、その人が認識する
イメージの世界に生きている。
 
 
それを理解しないと、
知識やノウハウだけ伝えても、
コンサルとして、
相手への成果を出してもらうのは
かなり難しくなる。
 
うん、この中級講座は、
かなりマニアックな
内容のものになりそう(笑)
 
 
 
あなたも、
想いだけではなく、
 
言葉として、
何を伝えれば良いか、
理解していますか?
 
 
 
 
お客さんに、なかなか、
価値を理解してもらえない。
評価してもらえない。
 
そんなかたは、
売れる仕組み実践会へ(笑)
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る