174.【稼げる本当の力とは】

【稼げる本当の力とは】

自分がどのポジション、どの力を持ってるかによって、収入は確定されます。
努力や腕の良さではなく、あくまでポジションによって収入の幅が決定されるわけです。

まず、一番収入が高いポジションといえば、やはり社長ですよね。

では、社長力って何でしょうね?
ざっくり言えば、
稼げる土台や仕組みを作り人に頼める力。
簡単に言えば稼げる仕組みを用意する人。
そして、稼げない時は一番収入が低くなる(マイナス)にもなりえます。

次に収入が高いポジションとは?
これは、お金がどっから来るのか?
その売り上げの中身を分解すると簡単に見えてきます。

集める力(集客)×売れる力(成約率)×単価力(コンテンツ企画)×戦略設計力(リピート)
これが、事業の売り上げの構成です。

それに関わってないポジションは、必然と
給料が下がります。
直接お金を生み出さないポジションは収入は必ず下がるわけです。

独立してる場合はそれらの能力が無いと、補いを雇わない限りは、必然と収入が下がります。

そして、職人気質な人が独立して、
一番びっくりされるのは、まさにこれで、
腕の良さは、売り上げの要素にほとんど関わってないという現実に驚愕するわけです。

ここで言う単価力とは、ヒットし売れる物を、単価が高い物を企画する力で、
それは「サービスのスキル、生産力、品質、権威性、オリジナル性、希少性、本物、理念」
では無いという所がキモです。
人々がめっちゃ欲しくなる物を作れるか、
高額でも欲しいと思われる物を企画できるか、です。

なんで、職人起業家は、
まずやらないといけないのは、
集める力、売れる力、単価力、戦略力のどれかを身につけるか、
外部の力を、(組むか雇う)かです。

それが、ビジネス力です。

独立して、幸せな事業主になるか、
いつもケツに火がついてる事業主になるのかの、
分かれ道は、この力があるかにかかってると思ってます。

自分の理念、理想があれば、
それを押し通す力が必要で、
その力こそが、ビジネス力だと思ってます。

そして、ヒジネスとして自分の理念に巻き込むのであれば、
それこそ相手に対しての責任が出てくるので、力なき理念は無責任にもなり得るのかもしれません。

どうせ、独立して自分のビジネスをやってるなら、自分の理念を押し通す力を持って、
突き進みましょう(笑)

絶対にその方が楽しいですよ!

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る