229.【時間が無くても上手くいく方法】

【時間が無くても上手くいく方法】
~思い込みと性格を捨てれば上手くいく~
 
 
「期間が短すぎて宿題する時間が無いんです。」
と言ったクライアントさんがいた。
 
 
「方向はわかったけど、次の企画やコンテンツを作る時間が無いんですよ。」
と言ったクライアントさんがいた。
 
 
「動画や音声を振り返る時間が無いんですよ」
と言ったクライアントさんがいた。
 
 
「なかなかアイデアが出ないんですよ」と言ってた、
移動手段に一時間も自転車を使ってたクライアントさんがいた。
 
 
 
 
 
皆への答えは、
電車で移動して、
その移動時間を有効活用しましょう。
です。
 
 
好き、嫌いの次元の話じゃ無く、
超重要事項です。
一番大事な仕事の一つと思いましょう。
 
 
 
毎日、1~2時間ぐらい、
多く思考作業が出来るんですよ。
×300日以上ですよ。
そりゃ、他の人に負けるわけねーって。
 
 
 
 
 
僕のコンサルとしての、
コンテンツや、セミナー内容や
講座の企画や、
Facebookの投稿記事は、
半分は電車の移動中に作ってます。
残り半分は、トイレやお風呂場です。
 
 
言い換えれば、
電車の移動やトイレや風呂場だけで、
かなり収入を増やして来たともいえるわけです。
 
 
 
そもそも僕も、
じっくり取りかかる時間なんて無いですが、
時間は「有る無し」ではなく、
作る物です。
 
有るか、無いか、聞いてるわけでは無く、
どうやって作るか?を問われてるわけです。
 
 
 
 
思考作業の、
それしか出来ない環境を作り上げるわけです。
 
 
 
 
 
特に、個人事業や経営者は、
「思考する、アイデアを出す」という事が
どれほどまでに大事な事か。
 
でも、あまりみんなそこに時間使わなかったり
思考では無く、悩むだけで終わってしまうんですよね。
 
 
 
思考は、絶対に書かないといけないんですよ。
紙でも、iPhoneのメモでも、エバーノートでも、
何でもいいから、思いついたのを片っ端から書く。
ひたすら書く。書かないと意味がゼロになると思っていいぐらい
書かないと、この30分が全て無駄になったというぐらい、
とにかく、あと100回言っても足りないぐらい、
書きましょうと言いたい。
 
 
僕がアイデアマンである理由は、
人よりアイデアが豊富に思いつくのではなく
人より多くメモを取ってる。それだけです。
 
 
 
僕は、メモを取らないで成功する方法は、
教えきれないです。
うん、たぶん無理。
 
 
だからこそ、オリジナルの開発の
パワーノートやら、パワーマップやらを
クライアントさんに無料で配布しているんですよね。
 
 
 
 
 
知識だけを勉強しても成果は難しいです。
 
 
 
成功する「ノウハウを知る」のではなく、
 
まずは、「成功する自分」にならないといけない。
 
 
 
出来ないことにフォーカスではなく、
出来る方法から考えて行くだけで良いです。
 
 
「いや、でも、だって」が
全てを強烈に、ぶち壊してしまう。 
 
 
本当かどうかは置いておき、
「出来る」という事を大前提に、
じゃあ、どうすればそうなるのか?
という逆算思考から入らないといけない。
 
 
 
動かない人の傾向として、
「自分の性格的に~」と答える人も多いですが、
 
「性格」といものは幻想で、
習慣や思い込みに過ぎない。
 
自己概念はいつでも変えられる。
 
 
 
もし、今が上手くいってなければ、
今までの行動パターンや、
やり方や
思い込みだと、
「情報とノウハウ」がいくら手に入っても
うまく活用出来なくなる。
 
 
 
ともすれば、
上手く行ってる人の「行動や思考」を真似した方が良い
 
 
 
 
 
なんで、知識だけでは無く、
深い意味でのモデリングが必要となってきます。
 
それが、「成功できる性格」になってきます。
 
 
 
 
 
今までの自分を一歩踏み出して、
行動を変えたい。
結果を変えたい。
  
そんな方は、
売れる仕組み実践会へ(笑)
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る