194.【売れるブランディングの作り方】

【売れるブランディングの作り方】
 
お店とか、企業とか、アパレルではなく、
個人事業のためのブランディングは、
また別物なんですが、
 
 
僕の場合は、売れるブランディングに
特化させてます。
そういうものを教えています。
 
 
別にカッコつけたり、
権威性を出したり、
単純接触効果とか、
 
そんな事はどうでもよくて、
自分のビジネスが発展するために、
売れるために、
ただそれだけのために作ってます。
 
 
買いたくなる、欲しくなる、
自然に売れるには?
それだけのために。
 
 
なので、自撮りをしない。という
ブランディング戦略でもあります(笑)
あれ、めっちゃ戦略考えてやらないと
危険すぎて恐ろしい。。。
売上を上がる原因にも、
売上をかなり落とす原因にもなります。
 
 
 
 
そして、拡散性だけを気にしてる人は、
拡散スコアを増やす、
認知度を存在感を増やす。ではなく、
何で認知されたいかを、
徹底する必要がありす。
それを間違えると、
マイナスのレバレッジがかかります。
 
挨拶だけで中身がない人。
自分をひたすら好きな人。
名言や風景が好きってだけの人。
 
 
本人の意図とは別に、
そう、周りに思われてしまうのを、
拡散させてる人も中にはいますよね。
 
売上を落とす要因を
拡散させてどうするんだと。
 
 
自分がお客さんの立場になってみたら、
すぐ分かります。
意味のない挨拶ばかりで中身がない人に、
お金なんか払いたくないって。
仕事なんか頼みたくないって。
 
下手すりゃ、
あぁ、あの空気を読まない
コピペ挨拶がうざい人ね。という
ブランディングが広がってるかも知れませんよ?
 
 
 
 
本当はもっと、
シンプルなんですよね。
 
 
 
何で、覚えて欲しいか?
それを失敗すると
あなたのサービスは、
一気に難しくなってしまいます。
 
コツは、何を覚えて欲しいか?
何を発信するか?のメッセージを
自分の思考や視点で決めない事。
そして、シンプルかつ、徹底する事。
 
もちろん発信するのは、
USPでは無いですよ。
 
ましてや、インパクトや独自性でもありません。
 
もっと、シンプルです。
 
 
それが出来れば、
お客さんからの問い合わせは倍増します。
  
 
  
  
あなたは、どんな人から買いたいですか?
 
それが、ブランディングの答えです。
  
 
  
正しいブランディング、出来ていますか?

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る