186.【動けない本当の問題とは?】

【動けない本当の問題とは?】
〜人はビジョンに嘘を付く〜
 
今日は講座の会員のコンサルでした。
 
今回の相談内容のメインが
「行動出来ない。
モチベーションが続かない。」との事。
 
 
・・・あれ?
このクライアントさん、
モチベーションや、
行動力がある方じゃなかったっけ?
だって、単価も10倍で
売れるようになったじゃん。
成果出て無かったっけ?
 
 
 
「朝は猛烈に頑張れたけど、
他のがまったく。。。
最近、モチベーションが下がりっぱなしで。」
 
 
 
一瞬、人は朝の方がエネルギーがあって〜と、
そっちの説明をしたくなったけど、
なんか根本な問題が違う気がして、
(むしろ、相手の方が体や健康のプロだし)
しばらくヒアリングに徹するために、
クライアントさんの思考を
ブレインスキャン(独自の深堀ヒアリング手法)開始。
 
 
 
 
深堀すると、想定してなかった問題が出てきました。
 
面白い事に、実は
その方が掲げてた複数の夢が
すでに叶ってたからなんですね。
 
 
「あなたが頑張れない、
モチベーション無い理由は、
あなたの夢が全部叶っちゃったからですよ。」
 
 
 
「あれ?本当だ!」
 
と、驚いた表情。
 
 
 
 
 
「夢や目標って、叶った時には案外あっけなく、
そっけない物ですよ。
通り過ぎて、そういえば叶ってるな。
って気づくぐらいですよ」
 
 
「ほんとですね。。。」
 
 
 
 
 
今が夢が叶ってる状態でいると、
動くと失敗する確率が上がるので、
叶ってない状態になる。
だから動きたくなる。
 
気づけば、当たり前のロジックに陥ってました。
 
 
 
そこで、なんやかんやをじっくり話して、
色々と引き出していきました。
 
 
その方のセルフイメージ、
理念や本当の方向性、
ビジョンの構築と、
それを基にした、
ビジネスの提供の仕方(独自の武器)
を再構築。
その結果、
その方のこれまでやってきた物が、
全て生かされたカタチが出来上がりました。
 
「全てが線でつながった。
今までやってきたものは、
無駄じゃ無かったんだ。」
と言ってたのが印象的でした。
 
そして、新しい大きいやりがいがある
目標が出来ました。
目標は、バカバカしいぐらい、
大きく面白いのが一番です(笑)
 
 
そして、やる気満々で、帰っていきました。
 
 
目標や、夢が持てない、
苦手だと言ってたのに、
 
「今まで、いろんな自己啓発系で、
夢や、目標の作り方をいくら教わっても、
習っただけで全然作れなかったんですよ。
今日は、はっきりわかって凄いスッキリしました。」
 
と言って頂けました。
 
 
 
ビジョンを見つけて創る事も、
本当は自分だけでは出来ない、
特殊技術や、手法なんですが、
なぜか自分自身で出来ると思い込んで、
みんな自分だけでやろうとして、
何年も、自分探しを始めちゃう人も
多かったりするんですよね。
 
 
夢や目標が無くちゃいけないと思い込んで、
無理やりとって付けたような
嘘っぽい理念やビジョンを語る人も
結構いたりします。
なんで、それが本当の想いから来たのか、
たんに取って付けたのかを見極める
判断も必要だったりします。
 
 
自分の事は、一番自分がわからないもんです(笑)

ビジョンが見つけきれない人は、
かかりつけのコンサルにご相談くださいw
 
 
 
 
僕は、売れる仕組みを教える人です。
7桁、8桁の稼ぎ方も教えます。
でも、お金だけの為に動ける人は少数です。
だから、ベースとして、
ビジョンまで関わろうとしています。
 
 
あなたの、本気で行きたいと
思えるビジョンを創り、
そこに導き辿りつかせる事が
僕のお仕事です。
 

稼ぐ事も、売れる仕組みも
集まる集客術も、単価を上げるメソッドも、
それを叶えるただの手段だと思ってます。
  
  
 
 
ビジョンが創れない、
もしくはビジョンがあっても
叶える手段が無い。
 
そんな方は、
売れる仕組み実践会へ w
 
 
 

 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る