114.【プライドがあなたの事業をダメにする】

【プライドがあなたの事業をダメにする】
~言葉を手放せば人は集る~
 
最近、集客の反応がさらに80倍になりました。
それは一日の作業だけで変わりました。そして、
 
 
 
集客で一番大事なのは、言葉です。
ツールや手法は、ターゲットがいる場所、
それぞれにあわせ臨機応変に変えるだけです。
  
 
言葉を失敗すると、あとの戦略は何をやっても結果うまくいきません。
ターゲット、言葉の選定、内容、書く順番が全てです。
  
 
コンテンツの質は、リピートや紹介などの部分への影響なので
新規獲得には、大して影響はありません。
実際コンテンツの質なんてのは入ってみないと分からないじゃないですか。
 
 
 
集客で失敗している多くの場合、
主な傾向としては、資格や技術、会社名を売りにしてる、
という場合がほとんどです。
名刺やHPを見て、1秒で集客が下手だと見抜け
本当の原因や改良点などもすぐにわかってしまいます。
(紹介やBtoBの場合は、集客チャネルが違うので除きますが。)
  
 
本当に大切なのは、
“あなたが言いたい事を言う”のではなく
“相手が知りたい事を言う”必要があります。
そして相手がそれを理解できる言葉かどうかです。
 
 
ベクトルを、自分ではなく相手にするわけです。
自分の主張はずっとずっと後です。
 
 
 
 
僕は、与える内容にプライドは持っていますが、
肩書き、手法の言葉にはこだわりは持っていません。
それは、僕自身が資格やのれん分けを受けたことが無かったのが理由かもしれませんが。
  
変わりに、見込み客の理解度に合わせて、表現の全てを変更するという
分かりやすさのプライドを持つことにしました。
 
 
そんな僕でも、最後の最後、実はこだわっていたんだなと、
気付きました。それも一年間もです。
  
  
 
最近マーケティングという言葉を手放しました。
次の日から反応率が80倍になりました。
 
僕のやってる事、スキル、手法は何一つ変わっていません。
手放したのは言葉だけです。
 
 
近々、コンサルという言葉も手放そうかと思っています。
もし、それがよい場合はです。
正解は相手にあります。
  
 
 
 
あなたのプライドは、
言葉のこだわりは、
   
あなたを保つためにありますか?
それとも、与えるためにありますか?
 
 
 
 
   
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る