264.【ハシゴは、かけ間違えろ!】

【ハシゴは、かけ間違えろ!】
〜人生を失敗しないための唯一の秘策〜
 
人生を後悔しないために、
ハシゴの掛け違えるな!
という話がありますが、
 
いやいや、何をバカな事を言ってるんだと。
ハシゴをどんどんかけ間違えた方が
良いに決まってる。
 
 
彼らは、間違えたのに気づかずに、
登り続けるのがよくないと言ってるわけで、
ようは、登るのが当たり前の、
前提の話でしかない。
 
「ハシゴをかけ違わないように」という人は、
すべからず間違えて登った人しか、
そんなこと言わない。
 
ようは、どこにも登らず、
そこに居続けずに、
とっとと登って、
その間違えを気づいたら、
またそこい居続けずに、
別のハシゴをとっと登れ!
と言ってるわけだ。
 
 
一番恐ろしいのが、
間違えないようにしなくてはと、
はっきり分かるまで、
確信が持てるまで、
チャンスが来るまで、
準備が万端に整うまで、
誰かがなんとかしてくれるまで、
 
そんな日が来るかも、
わかりもしないものを、
ただひたすらその時が来るのを
待ち望みながら、
悩みながら、
迷い続けて、
どのハシゴにも登れず、
彷徨い続けてる方が、
人生を後悔するんじゃないだろうか?
 
 
そんなもの、
ハシゴを駆け上がりながら、
迷えばいい。
 
不安になりながらも、
怖がりながらも、
準備しながらでも、
かけ登れば登ればいい。
全ての言い訳を捨てて、
愚直にかけ登ればいい。
 
 
 
間違えたら、
またかけ直せばいい。
間違えたハシゴを駆け上がった経験は、
また次のハシゴにも十分活用できるよ。
それが君の強さとなり、特殊な才能となる。
 
それを、試行錯誤と言うんだ。
間違えてというのは、
どこにも行けない事をいうんだ。
 
 
どこにもたどり着いてない、
まだスタートさえ仕切れずに
人生を終えるより、
ずっとましだろ?
 
 
自分の苦手な領域が、
逃げるのがうますぎて、
特技までに、ノウハウまでに、
昇華してしまった。
 
それを一度、壊さないといけないな。
来年やる事は、全部苦手な領域だ。
 
 
 
 
来年、もしかしたら、
大失敗するかもしれん。
かけ間違えてるのかもしれん。
でも、登りたい山がある以上ら
腹くくるしかないよなと。
 
失敗したら、
いつものように、
なんとかすればいいだけの事だ。
 
 
どの道、死にゆく人生だ。
好きに人生を使おう。
 
 
さぁ、一緒に山を登ろう!
たくさん間違えていこう!
 
 
 
 
間違えた山の上からしか、
見えない景色もあるってもんだ。
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る