193.【セルフイメージと、受け取り上手】

【セルフイメージと、受け取り上手】
〜収入を上げるトレーニング〜
 
昨日のコンサルタントさんへのコンサルで、
始終「なるほど、宮城さん凄いなー!」を連発され、
昔の僕だったら、「いやいやそんな事は〜」
とか、
「いやいや、◯◯さんに比べたら〜」
と、卑下してたと思いますが、今では
 
一言。
 
「あはは、ありがとうございます(笑)」
 
と答えるようにしています。
 
 
普通に考えれば、
むしろその方の方が、
数億円の規模の会社に対してコンサルしてたり、
単価も僕よりも多分高い?と思うので、
「いやいや、あなたの方が〜」
と言うところですが、
 
凄い人になりたいな〜とか、
驚かせたいな〜とか、
褒められたい、認められたい、
僕も含め、多かれ少なかれ、
みんな持ってると思うんですよ。
 
 
そこに、僕が本当に凄いか凄くないかは、
関係なく褒められたら
「そのまま受け取ればいい」んです。
  
いやいや、褒め過ぎでしょーって思っても、
そのまま受け取ってみる。
  
そして、そう思ってくれた事に対してお礼を言う。
  
 
  
日本人ってへりくだる習性や
美徳感があるので、それは結構危険です。
へりくだらない。=図に乗る、威張る。
では無いですし。
 
 
なんで、セルフイメージを上げたければ、
受け取り上手になればいい。
 
 
その後、ご飯をご馳走になり
そこで奢ってもらいました!
ありがとうございます!
 
そして、そこもすんなり、
一切躊躇なくお礼を言って受け取る。
 
 
お金に対して、
受け取る事に対して、
苦手や罪悪感がある人は、
ビジネスや収入を増やす事に対して
かなりブレーキとなります。
 
 
コンサルしてて、
クライアントの単価を上げさせても、
報酬の受け取り下手で自分で自ら、
単価を下げてしまう方もかなり多いです。
キーワードは、「自信と罪悪感」です。
 
 
自信が無いから罪悪感が生まれる。
その自信の元になる要素でもある
「褒められる事とお金」を
受け取らないので、
セルフイメージは上がらず、
自信が無いから、罪悪感が強くなり、
より受け取るのを拒否する。
 
どんなに、売れる技術を使っても、
セールス力を上げても最後の最後で
マインドがブレーキになる事も
沢山見てきました。
 
 
 
 
 
なので僕は、
報酬、賞賛、奢りやギフト。
全て意識して受け取るようにしています。
 
まさに日々、受け取る事の
トレーニングだと思ってます。
 
 
あなたも、
もし、お金が欲しい、
褒められたい。と思ってても、
自分で断ってしまっていませんか?
 
 
 
そして、受け取り上手なのに、
なぜか収入が低いという、あなた!
それは単にビジネススキルが低い
という事なので、
 
そんな方は、最寄りの
売れる仕組み実践会へ(笑)
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る