225.【セルフイメージが器を決める】

【セルフイメージが器を決める】
~気づいたらセルフイメージが低かった~
 
 
最近、評判がすこぶる良いんですよ。
クライアントさんからも、
いろんなコンサルや塾を受けてきたけど、
宮城さんが一番良い!とか、
まず、間違いない!とか、
この内容すごいとか、
安すぎるもっと値段を上げた方が良いとか。
 
あっちこっち高額塾行ってる方や
高額コンサルで活躍されてる方や
日本でトップレベルのスキルある方や
実績経験が凄い方とか、
そういう方々が、えらく高く評価してくれて
気恥ずかしくもあり、うれしくもあり、
 
 
最近の新規のクライアントさんも、
3分の1ぐらいは、本を出版されてる人が多く、
自分より凄い人に教えることが多くなって来たんですよ。
 
 
 
自慢かよ!って、
 
はい、ここまでは、
ただの自慢です。
 
 
 
 
でね、
「コンサルや講師は、自信を持つことも仕事の一つだ!」
といつも指導してるので、
「教える権利」など気にせず、
自分も自信をもってガンガン指導していました。
 
 
 
じゃあ、宮城は自信満々かというと、
実はそうでもなくて。
そこまで自信家では無いのです。
 
 
 
 
 
自分で自分の成長って良くわからなくて、
今年一年、いったい何が成長出来ただろうか?
と途方に暮れることがある。
 
今年一年、何も変わってないんじゃないだろうか?
という焦りが襲ってくる事がある。
 
 
自分としては、何も変わってない自分に対し、
評判や評価が急激に上がったように感じる。
 
 
今年頑張ったかというと、
頑張ったけども、もともと怠け者だしなーとか。
 
 
 
HP作ったり、シークレット講座の塾も4つ立ち上げてたり、
年収も倍になったり、単価も倍になってたり、
クライアントさんも倍になったり、
コンテンツやノウハウもかなりパワーアップしてたり、
振り返ると、結構やったなーという気もするし、
当初の計画の半分しか出来てなかったりもするし、
3倍目指してたけど、1.5倍~2倍の範囲で収まってます。
 
 
去年の延長戦上に自分がいて、
まだ自分のセルフイメージが去年の末のままで、
 
無茶していたセルフイメージが、
いつのまにやら現実が先に超えてしまってたような
そんな感じなのです。
 
 
セルフイメージより先に、
周りからの評判の方が上がってる気がするのです。
 
 
 
計画と、セルフイメージと、評価と
バラけてる状態になってるのです。
 
 
 
「売れっ子コンサル、レベル1」
二年前に掲げた冗談のようなセルフイメージも
スタートして顧客0人でも、
俺は「売れっ子コンサル」なんじゃ!
「売れっ子コンサル」の初日一日目なんじゃ!
 
と、とても人に言えないような、
セルフイメージとして動いていたわけです。
 
 
 
いったい、今はレベルどのぐらいまで来たんだろうか。
 
 
 
 
 
 
最近、自分の器を小さく考えていたなと
思ってしまう事が何度かあったりしました。
 
 
もっと上に行けるのかもしれない。
 
みんなで、もっと行けるよなと、
クライアントの方々を見てると
そう確信してくるのです。
 
 
 
セルフイメージ高くしてたつもりが、
いつの間にか、低くなってました。
 
 
 
 
「売れっ子コンサル」は、もう成ってる事にしよう。
 
卒業しよう。
次を目指そう。
  
 
そう思えてきたんです。
 
 
 
 
新しいセルフイメージか、
売れっ子コンサルの意味の再定義か、
来年に向けて、新しい自分の再定義が
必要になってきました。
 
 
新しいセルフイメージが決まっても、
もしかしたら、背伸びしすぎて
恥ずかしくて公表はしないかもしれませんが(笑)
 
 
 
 
 
 
そして、もっと成長するために、
協力者が必要になってくるので、
インターン募集したいと思います。
(出来れば簡単な動画編集出来る方)
 
いるかな? 
 
 
 
詳細は後日にでも。
 
 
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る