211.【なぜ名刺だけで単価が変わってしまうのか?】

【なぜ名刺だけで単価が変わってしまうのか?】
~勝負は出会いの瞬間から決まってしまう~
 
名刺セミナー最終日。
この日は、午後のセミナーの後に
夕方から売れる仕組み実践会の講座も入ってた。
そ後の懇親会と、かなりフル活動でした。
 
 
今回の参加者の声が、
ちょうど、質問タイムの公開コンサルで行われた
安定するビジネスモデルや商品の話になったので、
そういった声も多かったです。
 
 
参加者の声
 
・単発の仕事を脱して時間が手に入りそうです
・ビジネスとは?が改めて考えるきっかけになりました。
 100万円ぐらいの商品が作れそうです!
・数人でのグループワークが良かったです。会員が増えそう。
・改めて、集客やビジネスのボトルネックを理解しました。
 すぐ効率よくお客が増えて、次のステージに行けそうです。
・他の名刺を冷静に見比べると、
 売れそうなものとそうでないものがある事に気付きました
・今後、改良した名刺を渡せば響く人、良質な顧客が増えそうです。
・さっそく、実践をしたいと思います。
 
 
と言って頂けました!
 
 
みなさん、ちゃんと実践してくださいねー
実践してこそ成果、結果がありますので。
 
 
 
 
 
そして、実は名刺一つで単価も変わってしまいます。
(入り口のポジショニング戦略)
 
あなたが、どこのポジションとして、
最初から出会うか、印象付けるかで、
その後の依頼される内容が違う、
売れる商品が変わってしまいます。
 
 
例えば、僕は名刺作りで言えば、
たぶん日本一だと思います。
年間300回書き換えて
テストした人なんて聞いたこと無いですし。
でも、名刺にそれを書いたら、
集客やお客は増えるけど、
僕の単価と売上げが減ります。
 
実は、売れるから、集客できるからといって
使っていいとは限らないわけです。
もう、これはビジネスモデルや
全体設計の話になってくるので
そこを合わせる事で、
本当に稼げる名刺になってくるわけです。
 
セミナーでは時間が無いので、
お客が取れるのを重視して話しましたが、
対面コンサルや講座の時は、
そういう所まで個別に考えて指導しています。
 
 
 
 
ちょうど、名刺セミナーの後の
実践会講座のほうでも同じ話題がでて、
「名刺戦略」からの「運命の人メソッド」
「縦ラインパッケージ」の連携で
これができれば最強じゃないですか!
ターゲットが誰でもよく、
商品も何でもいいなんて、
仕事が永遠に困らなくなりそうだという
と言って頂きました(笑)
 
実際、これがスムーズに出来れば
どんなに高い商品でも成約率7~80%を
叩き出すことが出来ます。
実は、名刺を含め3つのポイントを作りこむことで
再現できたりします。
 
でも、2時間とかのセミナーで
お伝えするのはまず無理なので
講座化して数ヶ月で教えてたりします。
 
 
 
普段シークレットで
少人数しか募集してない
売れる仕組み実践会の講座、
3期生が10月からスタート!
めちゃ楽しみ!
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る