135.【その痛みはギフトか?】

【その痛みはギフトか?】
~マイナス思考側からみた考察~
 
この前、清水さんとギフトの
それの本当の意味について色々と聞いてみて、
こういう事かな?ってのが自分なりに見えてきました。
 
 
 
いままで、なんか綺麗事だと思ってました。
『すべての出来事は、あなたへのギフトだと。』
 
昔、初めてその言葉を聞いたときも、なるほど!そうなのか!
って全然思えなかった。
ポジティブシンキングになれって事かなーとか、
無茶な事いってるなーと。
 
 
 
もしこれが、辛い時にこれを言われたら、
ブチギレかねない。
何いってるんだよ、ふざけんなと。
こんなギフトいらねぇよ!と。
 
 
 
僕自身も、昔かなりヘビーな事もあり、
引きこもってた時期もあったりしました。
その時は、絶対に受け入れられなかったと思います。
 
 
でも、いま思えば確かに、あれがあるから、
今の僕が、今の状態があるんだなと、
今なら思えてもくるんですよ。
 
 
とはいっても、
もう、二度と味わいたく無いですけどね(汗)
 
 
 
でも、「全てはギフトだ。」
ってニュアンスは、どうかとも思ってて、
その後の自分の行動でギフトにもなり得る。
という感じかなと思うんですよね。
それ自体が何なのかより、
どう、活用するか。
 
 
 
 
 
乗り越えてきた、高い山、
這い上がってきた、奈落の谷。
 
 
二度とは戻りたく無いけど、
でも、まだ乗り越えられてない人に、
乗り越える方法を教えてあげられる。
乗り越える試行錯誤の中で自分の武器を、
天命を見出す事もある。
 
同じ境遇だった人の、
希望や励ましになるかもしれない。
解決する方法はある。
大丈夫だよと。
 
 
 
 
最近、なんか問題が発生したら、
これ乗り越えたら、今度はその攻略講座開いて、
稼いでやる。ぐらい思ってますからね(笑)
 
絶対、今の状況を将来の講義中のネタにしてやると。
それが乗り越えるモチベーションにもなってます。
 
 
 
 
いま、コンサルとして教えてる事は、
基本的に自分が困って、行き詰まったから、
それの解決ために試行錯誤から生まれたノウハウが多いです。
 
セールス苦手だから売れる仕組み作ったり、
ウツからの脱出の試行錯誤が、
モチベーションのコンテンツになったり、
心理学の活用術になっていたり。
記憶力悪いから、仕組み化が得意になったり。
単価低かったから、単価上がるノウハウ作ったり。
夢がなくなったから、夢を与ええる人に、
未来が無くなったから、未来を作る人になろうとした。
 
 
  
困んなかったら、ノウハウ生まれるどころか
興味も持たなかっただろうし。
必要は発明の母みたいなそんな感じ。
 
 
困ったら、それが解決できれば、
それは得意分野となるんですよね。
 
  
  
 
全ての出来事は、(ビジネスの種の)ギフトだ。
かもしれません(笑)
 
ほら、ビジネスとかコンサルって
問題を解決する事にビジネスの種があるので
むしろ、仕入れになっているとw
 
 
 
 
  
 
ビジネスでなくても、
共感能力や、人としての深み、
知識、レベルアップした自分。
乗り越えてきた人へのご褒美は、
確実にありますよ。
 
あくまで乗り越えさえすれば。
 
 
 
 
好き好んで味わいたく無いけども。
転んでもただでは起きない精神ではあります(笑)
 
僕は、ポジティブや、プラス思考より、
プラス行動やプラス活用が大事だと思ってます。
 
プラスに受け止めるではなく、
どうやったらプラスの結果に意図的に力技でもってけるかを。
その戦略を考える。そのための行動をする。
転んだら、ただでは起きない思考ね(笑)
 
 
むしろ僕は、何でもかんでもプラスに受けて止めても
現実マイナスならだめじゃん。と思ってるマイナス思考ですw
受け止め方が、マイナスでも、プラスでもどっちでもいいから、
結果をプラスにしていこうぜ!と思ってる、
マイナス思考の、プラス行動人間です。 
 
 
 
 
今、何かに困ってる人は、
将来それを解決してあげれる人に、
乗り越え方を教える人に、
あなたもなれるかもしれません。
 
 
 
 
今のあなたの問題は、将来ギフトに変換できそうですか?
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る