171.【すべての努力が無駄になる日】

【すべての努力が無駄になる日】
僕が10年前に独立した時、しばらくは好調でした。
ですが、デザイン以外に、CGやWEBや
ネットショップや、ブランド立ち上げなど
時代の変化が激しい職業で、
かなり苦しい時期もありました。
 
 
 
上手くいってた事業も、
価格競争に巻き込まれたり、
無理して委託で取引先増やし、
全国展開したり、
メディアを使ったり、
在庫を増やしたりして、
 
一年たって赤字続きでした。
 
そして、身内に言われたのが、
「これじゃ、やらないほうがお金浮くね。
 やるだけ赤字ならやる意味が無いんじゃない。」と
 
その言葉が、かなりショックでした。
確かに、働いてお金が稼ぐ所か無くなるってどういうことだよと。
悔しいし、惨めだし、理解されないし、でも現実がそうだから言い返せないし。
 
 
先に繋がる戦略を持ってれば、
頑張る意味も、踏ん張る意味もあったけど、
そうでもなく、
明確な戦略も無く、ただ頑張りさえすれば何とかなると、
思っていました。
 
 
実際には無駄ではありません。
今の糧となっています。
ですが、あの日、無駄になったと感じたんです。
 
  
 
 
 
でもその時、気がついたんです。
このビジネスモデルは失敗だ。
すでに戦略、設計ミスだ。
このまま続けても、楽になることはまず無いと。
 
 
大手の表面上を真似するのがそもそもの間違いだ。
他社がやってるからと、ドンドンと導入するほどに赤字になっていった。
 
 
 
  
  
自分の考えに、しがみ付くのを辞めました。
全ての考え方を変えました。
 
そのために学習しました。
  
 
大手の戦略から、
弱者のゲリラ戦略へと切り替えました。
  
  
 
安くしないと売れないといわれたので、
逆に高くして、それでも売れるようにした。
 
安売りで、広告費をかけて、数で勝負の世界から、
ひたすら別の事を研究した。
 
高いけど、悔しいけど買っちゃった。
そんな店にしようと思いました。
売りは安さじゃない。
顧客にとっての価値を探求しました。
 
  
 
その経験があるので、
今でも、安売りの精神は一切持っておらず、
高いけど、価値はそれ以上!を目標にしています。
そしてクライアントさんも、確実に単価を上げさせます。
個人事業の人は、必ずそれをやらないと先が無いから。
 
 
 
 
忙しい先に、いつか余裕ができる事なんてありえない。
単価が安い先に、儲かるなんて事はありえない。
  
すでに、ビジネスモデル、
ビジネス設計が間違えてるのに、
大手の表面上を真似しまくってえらい目にあった。
  
 
負担が膨大になる。
一度でもこけたら、致命的になる。
個人でやるようなもんじゃないよ。
 
  
そこで考えを変えた僕が投資した先は、
広告でもなく、
仕入れでもなく、
機材でもなく、
学習だ。
 
知恵だ、戦略だ。
 
そもそも、無知のまま成功しようとしてたのが、
おこがましかったのかもしれない。
 
勉強すればするほど、
今のビジネスモデルがどれほどダメかが
理解できるようになった。 
 
 
才能はあった、
スキルはあった、
ただ戦略が無かった
  
 
   
 
商品に、こだわり過ぎた
肩書きに、こだわり過ぎた
やり方に、こだわり過ぎた
ただ、今の状態にしがみ付いてただけだった。
  
ずっと、足かせになりそのままだと出口が無かった。
   
  
 
 
頑張るとか、いつかは。というレベルの話じゃなく
そもそもゴールが無いビジネスをスタートさせてしまってたんだ。
 
 
これは、笑い事じゃない、ひとごとじゃない
個人事業の多くの人が、
これに当てはまると思う。
 
  
 
個人事業の人は手を出してはいけない、
ビジネスモデルや、やり方などが存在し、
それにこだわってしまうと、
絶対とまでは言わないけど、
成功率が100分の1以下になります。
そうなると、ただひたすらしんどい。
人の100倍頑張って、やっと通常レベルになるから。
  
 
逆に、成功率が通常より10倍高い
楽なビジネスモデルというのも存在します。
 
 
 
 
ダイソーなどが100円の商品で美人ですが成り立つならと、
自分も100円の商品でいくら頑張っても、まず出口はありません。
 
大手戦略は、個人は手を出してはいけない分野です。
 
  
下手すりゃ労力に対しての自給計算したら、
バイトをやってるほうがましだ。
という事にもなります。
 
 
 
 
じゃあ、なんでわざわざ、そんな成功率が低い
ビジネスをやってたか?
 
 
 
 
 
出来るから。
 
 
 
やりたかったから。
 
 
 
 
 
そんだけです。
 
 
想いも確かにありました。
でも、擦り切れた状態では想いも機能しませんでした。
 
 
 
 
今は、コンサルとして、そういう人に対し
探求したい事と、稼ぎと、ニーズと、使命を合わせて
やりたい事で稼げるビジネスを再設計しています。
 
全てを捨てる必要は無く、
ビジネスモデルを再設計するんです。
あなたがまだ知らない何かを入れる必要があるわけです。
あくまで再構築です。
 
単価を上げ、売れる仕組みの体系化されたメソッドを入れるだけでも、
ビジネスがかなり楽になります。
  
 
  
 
資本力がある大手を見て、
上手くいってる人の表面上だけを見て、
このまま頑張ればそこにいけると思ってた。
 
ビジネスを勉強し、マーケティングを勉強し、
売れる仕組みを身につけ、コンサルとして多くの事業にかかわり、
表も裏も分かるようになった上で、
過去の自分のビジネスを見ると、
最初から出口の無いビジネスをしていたんだと、
ありありと分かります。
 
 
 
 
頑張りが足りない、のではなく
そもそも最初からゴールにたどり着けない設計になってた。
 
 
あのまま、変わらずに頑張り続けたらと思うとぞっとする。
 
 
 
同じことを繰り返して異なる結果を期待することを、
アインシュタインは「狂気」と表現しています。
 
 
「頑張り続ければ・・・いつかは・・・」の言葉の裏には、
同じ事を頑張り続ければ、違う結果を得られるだろう。
と思い込んでいたわけです。
  
 
  
  
  
ただ同じ事を繰り返す事と、
  
自分で試行錯誤と、
  
学習しての教わりながらの試行錯誤と、
  
 
それぞれがまるで意味が違ってたんです。
 
 
 
表面上では、おなじ「頑張ってる」はずなのに、
結果は雲泥の差となります。
  
 
 
 
 
稼ぐと事と、
想いや探求と、
ニーズとビジネスモデルを
あわせ持たないと
ビジネスの成功は、
出口は、
無いと思っています。
  
 
職人のスキルではなく、
経営者のスキルです。
 
 
 
多くの人が失敗する理由は、
・ただ知らないから
・ただ習ってないから
案外そんなもんだったりします。
 
 
想いがあればこそ、
正しい戦略が無いと、
ただ擦り切れて終ってしまいます。
 
 
 
 
 
 
全てが無駄になったと感じたあの日、
じゃあどうすれば良いのか?
その全ての答えを知ってる今、
そういう人を救いたいなと思ったのも
コンサルになったキッカケの一つです。
 
あの日の僕の想いが無駄にならないためにも(笑)
 
 
 
 
 
いつか、そういうビジネスモデルに特化した
セミナーとかもやりたいなぁ。
 
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る