158.【お金の本質を知らないと単価は上がらない】

【お金の本質を知らないと単価は上がらない】
 
人って、なんで物を買うんだろう?
購入する行動原理は?
買う基準は?
選ぶ基準は?
単価の基準は?
 
 
 
似たような商品でも、なぜ高いものと
安いものがあり、高い物でも売れるのか?
  
人がお金を払う心理。
特に高額を払う原理を知っていないと、
ビジネスって難しくなりますよね。
  
  
・価格の決め方
・売れる値段
自分のサービスを提供するときに、
まず、真っ先に金額などが問題になってきます。
「値決めは経営だ」という言葉があります。
経営にもろに響く部分です。
  
単価は出来るだけ高くしたい。
売れるギリギリの値段にしたい。
と皆が思っている事だと思います。
 
  
 
 
 
 
単価を上げるには、お金の本質を知らないと難しいと思いませんか?
 
 
そもそも、お金って何だろう?
 
 
紙幣とは、もともと「ゴールド(金の延べ棒)」の引換券だった。
でも、その金本位制が崩れ、
ゴールド無くても紙幣刷っていいよって事になって、
ゴールド以外の『何かの』引換券、交換券になった。
じゃあ、いったい『何との』引換券になったのでしょうか?
そこにお金の本質があります。
 
お金とは何か?
 
 
『お金とは「信頼」である。』
 
 
そう言う人も多いです。
確かにそうかもしれません。
 
 
 
 
じゃあ、「何の信頼」なのか?
 
 
 
そこにお金の本質が眠っています。
 
 
 
 
 
「価値」の信頼と答える人もいるでしょう。
 
でも、ほんとに「価値」だけですか?
 
「価値=金額」になっていませんか?
 
価値を金額以外で説明できますか?
 
 
 
 
 
お金とは、『何の引換券』なのか?
 
 
それが、分かれば相場から抜け出し
 
あなたの単価は一気に引きあがります。
 
自由自在に高額商品が作れ、売れるようになります。
 
 
 
 
 
 
  
 
一昨日行った、
『時間と労力を使わない仕事構築講座』で
このような話と「お金とは何の引換券なのか?の秘密」
を早く来た人だけしか聞けない
シークレットセミナーとして行いました。
 
 
今日は、「0からビジネス構築、スタートアップ講座&グルコン」なので、
今回もシークレットセミナーとしてお話しする予定です。
 
昨日は、もう少し突っ込んで話したかったなと思うので、
今回はオブラートな表現無しで、ド直球で
アンリミテッドでお話したいと思います(笑)
 
 
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る