041.『やる気に関する驚きの科学』

『やる気に関する驚きの科学』

 
【まとめメモ】
『簡単なタスクは報酬が機能し、
クリエイティブな仕事(答えの無いタスク)は
金銭的な報酬は視野を狭めマイナスに作用された。
 
クリエイティブなタスクには内発的(自主性・成長・目的)が重要。
 
内発的動機付け vs 外発的動機付け
(自主性・成長・目的 vs アメとムチ)
内発的が圧勝する』
 
————————–
 
内発的、とくに「好きだか、面白いからやる」にはどんなものでも
勝てないのは分かってるけど、
「内発的動機付けの長期的目標がなぜ達成されないのか?」
の答えにはなってなかった。
 
内発的の長期的目標が達成されずらいのは結局の所
その過程がつまらないと達成されない。
むしろ、外発的(というより外圧)の方が多くの場合上手くいく。
 
 
ウィキペディアなども、辞書の完成がゴールではなく、
かいた瞬間反映され反応が得られる目先の面白さで機能している。
それが反映されるのが1年後だと誰も書かないだろう。
(自主性・成長・目的)よりも、実は「目先の反応による快楽」の方が
もっともやる気の力が強い。
(例えば、FBのコメントやイイネもそれに当たる)
 
 
なんで、タスクを細かく分ける。とかではなく、
フィードバック(成果の反応)が早く、その過程が面白いのであれば
やる気はパワフルになるんじゃないかな。
 
やればやるほど、目に見えて成長する。も成長の目先の反応による快楽で
パワフルなやる気の元となる。職種なども成功体験が早いとのめりこみやすい。
とくにゲームとかも、それの応用が半端ない。
ソーシャルゲーなんて、いかにやる気をださせてはまらせるかが、面白くする事より与えられた使命だったりもするし。
 
 
そんなわけで、長期的目的からブレイクダウンさせた、
目標とゴール設定、すぐに目に見える結果と反応、
そしてその過程を面白くさせれば良いわけか。
 
 
そんなわけで、へんな時間に寝て3時に目が覚めて、
だらっと見てしまった動画がコレになります。
おはようございます。
 
 

コンサルタント:宮城真吾    
   
   

“営業せずに売れる仕組み”を探求し、ネットやリアルを問わず、人の心や感情の攻略、心理学にもとづく、セールスマーケティング、コンサルタントとして活躍。  自身もデザイン会社や雑貨ブランドなどを経営し、すべて半年で、ゼロから事業を成功させる。
“売る力を持つことは、夢を実現する力となる”を理念に、営業や集客が苦手な個人事業主に、教科書や卓上の空論ではない、自身で実践して成果が実証されたノウハウを教えて好評を博している。
facebook: https://www.facebook.com/shingo.miyagi
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




メルマガ用

関連記事

ページ上部へ戻る